「The Nutcracker and the Four Realms」初週末興行成績は2035万ドルで2位

そ、そっかー……

LINK: ‘Bohemian Rhapsody’ Rocks the Box Office with $50 Million Debut – Box Office Mojo

ディズニーが11月2日にアメリカで公開した実写作品「The Nutcracker and the Four Realms」の初週末興行成績が、2035万2491ドルとなったことがBox Office Mojoにて伝えられています。これは同週公開の「ボヘミアン・ラプソディ」(日本公開11月9日)に次ぐ第2位ながら、批評家などからはかなり厳しい声が飛び交っています。

LINK: Weekend Box Office Results for November 2-4, 2018 – Box Office Mojo

この作品はチャイコフスキーの作曲したバレエ音楽「くるみ割り人形」をベースにした作品で、4つの世界に迷い込んだクララが体験するお話。主役のクララにはマッケンジー・フォイ(インターステラーでの少女役だった方)、そしてキーラ・ナイトレイやモーガン・フリーマン、ヘレン・ミレンなどが出演しています。むしろこの作品はバレエ界からミスティ・コープランドとセルゲイ・ポルーニンが出演していることの方が話題で、その筋からは注目されていたようです。

The Nutcracker and The Four Realms – Official Trailer #2

が、映画としての出来はどうやら微妙な雰囲気で……。この一連のスレッドをどうぞ。確かにD23 Expo 2017でほんの少し、バレエ方面からの取り上げ方でプレビューが行われていたのですが、あのディズニーファンしかいない空間ですらしらけた空気が流れたのは事実……。

LINK: Box Office: Why Disney’s ‘Nutcracker’ Failed To Get A Christmas Miracle

LINK: The Nutcracker Movie Proves Disney Is Only Good At Doing Remakes

なお、日本公開は間を空けず、2018年11月30日に公開が予定されています。

「くるみ割り人形と秘密の王国」本予告編

LINK: くるみ割り人形と秘密の王国|映画|ディズニー公式

初週末興行成績としては悪くないんですが、おそらく「かけた資金に比べるとダメ」というタイプのコケ方ですね。最近でいうとハン・ソロやWrinkle in Time(日本未公開)がやらかしましたが、まあ映画ビジネスはこんなものでしょうかね。

ディズニーアニメ/実写作品初週末興行成績まとめ