ジョン・ラセター氏の跡を継ぐもの、ウォルト・ディズニー・アニメーション/ピクサー・スタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサー決定

ピート・ドクターとジェニファー・リーがCCOに就任します。

LINK: Walt Disney and Pixar Animation Studios Name Chief Creative Officers – The Walt Disney Company

ウォルト・ディズニー社は2018年6月19日、ジョン・ラセター氏退職にともない、新たなチーフ・クリエイティブ・オフィサーを任命しました。ウォルト・ディズニー・アニーメーション・スタジオのCCOとしてジェニファー・リーが、ピクサー・アニメーション・スタジオのCCOとしてピート・ドクターが就任します。ウォルト・ディズニー・スタジオのチェアマン、アラン・ホーン直属のメンバーです。

ジェニファー・リー

ジェニファー・リーはご存じ「アナと雪の女王」の共同監督/脚本で有名になった方。Wreck-It Ralphでも共同脚本にクレジットされており、現在はブロードウェイ版「Frozen」の製作、および2019年11月公開予定の「Frozen 2(仮題)」に携わっています。

個人的には下記の寄稿文がとても印象に残っています。

「大きな夢を持とう」――アナと雪の女王監督、ジェニファー・リーがすべての“プリンセス”にささげる言葉

ピート・ドクター

ピクサーのベテラン監督の一人で、これまで「Up」「Inside Out」の監督脚本として参加しています。その他にもトイ・ストーリーから多くの作品に携わっており、ピクサーを体現する重要な方でした。

グループハグ!「Inside Out」が第88回アカデミー賞長編アニメ賞を受賞

これまで、ディズニー・アニメーションおよびピクサーのCOOといえば、あのジョン・ラセター氏でした。ジョン・ラセターは2018年末を持ってディズニー社を離れることが発表されており、その後任としてこのお二方がアサインされることになります(ラセター氏は既に休職中ということもあり、現在は空席でした)。

ジョン・ラセター、半年間の休職を経て2018年末にディズニー/ピクサーを退任(update)

空欄が埋まるという意味ではうれしい話ですし、人選的にもこのお二方ならば問題ないでしょう。しかしディズニーはボブ・アイガーの後継者選びという難題も抱えており、その面でも注目したいところです。

ウォルト・ディズニー、21世紀フォックスを524億ドルで買収へ、ボブ・アイガーCEOは2021年まで続投へ(update)

ところで……。ウォルト・ディズニー・ジャパンのポール・キャンドラント氏後任ってどうなったんでしょうか。

ウォルト・ディズニー・ジャパン代表取締役社長、ポール・キャンドランド氏が2017年末を持って退任