ティム・バートン版、実写「Dumbo」のティーザー予告を公開

これはすごいですね……。

LINK: Teaser Trailer for Tim Burton’s Live-Action Dumbo Debuts – The Walt Disney Company

2019年3月29日にアメリカ公開予定、実写版「Dumbo」のティーザー予告が公開されました。まずはこちらを。

この作品は1941年にアメリカ公開されたアニメーション作品「ダンボ」の実写化で、カルアーツ出身でディズニーに深い関わりがあるティム・バートン(アリス・イン・ワンダーランドなど)が監督します。

出演者も豪華。サーカス団(Dreamland)の団長マックス・メディチ役がダニー・デヴィート、元スターのホルト・ファリア役にコリン・ファレル、そのこどもとしてミリー(ニコ・パーカー)とジョー(フィンレイ・ホビンス)が出演します。さらに、興行主のV.A.ヴァンディヴァー役にマイケル・キートンが、そしてサーカスのエアリアルアーティスト、コレット・マーチャント役にエヴァ・グリーンが出演することが発表されています。

予告では気になるシーンもいくつか登場していて、アニメ版で大変印象的だったピンク・エレファント・オンパレードらしき映像も1カットだけ登場しています。ストーリーの狂言回し的存在だったネズミのティモシーは登場していません(なんとなく子どもたちがその役割を担う感じですね)。

D23 Expo 2017ではダンボの等身大マケットが登場し、ティム・バートンからのメッセージが上映されました。その時には大きな汽車に乗っていましたので、ケイシーJr.もまず間違いなく登場するはずです。

なぜいま、ディズニーがこの映画を実写化するのか。シンデレラやマレフィセント、美女と野獣など、過去のディズニーアニメ実写化作品はそれぞれに意味を見いだし、表現していました。あのティム・バートンがダンボでどんなことを語るのか、とても楽しみです。

心配なのは日本公開。まず間違いなく公開はするでしょうが、時期がとても気になります。アメリカ3月29日で日本がまた一カ月遅れとかにすると、インフィニティ・ウォー続編とぶつかるしねえ。

LINK: ディズニー配給・関連映画公開スケジュールまとめ