ディズニープリンセスたちが勢ぞろいする理由は……「Ralph Breaks the Internet: Wreck-It Ralph 2」新予告公開

大爆笑。「Ralph Breaks the Internet: Wreck-It Ralph 2」(邦題:シュガー・ラッシュ・オンライン)の予告が公開されました。

ディズニー・アニメーション・スタジオによる2018年作品「Ralph Breaks the Internet: Wreck-It Ralph 2」(邦題:シュガー・ラッシュ:オンライン 2018年12月21日公開)の予告が登場しました。その内容は抱腹絶倒。とんでもない作品であることがこの予告だけでも分かると思います。

Ralph Breaks the Internet: Wreck-It Ralph 2 Official Trailer

特に今回、フィーチャーされているのはインターネット世界で表現される「Oh My Disney」。前作でゲームの裏側を表現していましたが、今回は「インターネットのWebサイト」の裏側を赤裸々に表現していることが分かります。D23 Expo 2017にて「歴代プリンセスが総登場する」という報だけが伝わりましたが、これが理由です。本家が全二次創作者をなぎ払う内容。

【D23 Expo 2017】1日目:ウーピー・ゴールドバーグがレジェンドに/Ralph Breaks the Internetで爆笑/オズワルドに大きなプラン? ほか

ということで、いまならこの写真の意味もわかるのではないかと。

ただ、D23 Expo 2017で公開されたクリップでは“パジャマパーティー”だったのが、今回の予告では正装に変わっています。ディズニープリンセスのFacebookページのカバー写真も変わっており、これを見ると予告では登場しなかったプリンセスもしっかり存在していることも分かるでしょう。

LINK: Moana

ということでこの予告を見ても、破天荒な内容であることが分かりますが、実はいまだにそのストーリーラインが全く明らかになっていません(本国予告がそれなので、ディズニージャパンが出してたテキストは読まないほうがいいでしょう)。そしてディズニー長編でこのような“禁じ手”は1回しか使えないと思うので、そもそもディズニー長編でやっていいの?的な思いも少々あります。見たいけど見たくない。

ということで、日本では12月21日公開。アメリカ公開から1カ月遅れますので、その間に致命的なネタばれを食らわないようにしましょう。

日本版特報も公開、「シュガー・ラッシュ:オンライン」2018年12月21日公開決定