ディズニー・アニマルキングダム入園者数がEPCOTを超える——TEA/AECOMレポート2017年版公開

毎年恒例の「TEA/AECOM 2017 Theme Index and Museum Index」が公開されました。

LINK: TEA – Themed Entertainment Association

テーマパーク運営に関する非営利団体、Themed Entertainment Associationと、建築デザインなどを手掛けるAECOMが毎年公開しているレポート「TEA/AECOM 2017 Theme Index and Museum Index」が今年も発表されました。このレポートでは世界のテーマパーク、ウォーターパーク、博物館、美術館の入園者数や動向などを調査し、毎年発表しているものです。

注目はやはり2017年における入園者数動向ですが、毎年ほとんど変化がないものの、2017年は上海ディズニーランドが初めて年間通算での成績が加わり、1100万人で第8位にランクインしました。また、新エリア「Pandora: The World of Avatar」がオープンしたことにより、ディズニー・アニマルキングダムがEPCOTを超え、ウォルト・ディズニー・ワールド内のランクが変わりました。なお、オリエンタルランドは東京ディズニーランド/東京ディズニーシー個別の入園者数を発表しておらず、TEAレポートでは独自の按分比で算出されていることに注意です。

「TEA/AECOM 2017 Theme Index and Museum Index」より

前年度はユニバーサルスタジオの新ウォーターパーク(Volcano Bay)のオープンなどでウォーターパークが注目されましたが、今回のレポートではそれが落ち着いたようで、上海のオープンや新エリアの拡張で、やっぱりディズニーが強いというのが冒頭に描かれています。ただし企業単位で見ると伸び率はやっぱり中国ですね。とはいえ、こんな話も最近では出ているようで……。同感だわー。

LINK: 中国でテーマパーク建設競争激化、競争力不足のパークが大量…|レコードチャイナ

2016年レポートについてはこちらをどうぞ。パリは2017年に大躍進してますが、香港心配ですね(18位で+1.6%ながら2014年水準に戻ってない)。

ユニバーサル・スタジオ躍進、香港パリは停滞——世界のテーマパーク動向をまとめたTEAレポート2016年版公開
入園者数は過去2番目ながら純損失は拡大、香港ディズニーランドFY2017決算発表&新イベント情報
香港は“日本のファン”を熟知済み——2018年春の香港ディズニーランドレポートを寄稿しました