東京ディズニーリゾート年間パスポートの利用条件が変更、ブロックアウト日ありで価格は「値下げ」へ

とうとう年間パスポートの体系に変化が現れました。

LINK: 「東京ディズニーランド®」「東京ディズニーシー®」年間パスポート ご利用条件の変更等について

LINK: 【公式】年間パスポート|パークチケット|東京ディズニーリゾート

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、2018年3月1日より東京ディズニーランド、および東京ディズニーシーの年間パスポートについて、利用不可能な日程を設定するなどの利用条件変更を行うことを発表しました。

年間パスポートの利用条件変更

ブロックアウト日を設定(2018年3月1日以降発売分から)

まずはブロックアウト日について。これまでも特別営業時間は入園ができませんでしたが、これに加えて「年間パスポート使用不可日」が設定されます。これは2018年3月1日以降に販売された年間パスポートのみが影響します。

現時点で発表された、年間パスポート使用不可日は下記の通りです。

2018年
 8月:12,13,14日
 10月:6,7,8日
 11月:23,24日
 12月:8,9,29,30日

2019年
 3月:28,29,30,31日
 8月:12,13,14日

なお、2019年9月以降については2018年7月に発表予定です。

入園制限中の対応

2018年3月1日以降に発売される年間パスポートは、すべて「入園制限中のパークで使用できない」というレギュレーションに変わります。2月28日までに販売された「東京ディズニーランド年間パスポート」「東京ディズニーシー年間パスポート」はこれまで通り入園制限中も使用可能です。

年間パスポート引換券の有効期間は6カ月間→2カ月間に変更

こちらも大きな変化。2018年3月1日以降に販売される引換券については、購入日から2カ月以内に年間パスポートに引き換える必要があります。2月28日までに販売された引換券の有効期限はこれまで通り6カ月間です。

年間パスポートは2018年3月1日より「値下げ」へ

そしてこれも大きな事件。年間パスポートはこのような変更を踏まえ、価格が改定され全体的に値下げとなります。2パークは9万3000円から8万9000円へ、各パークは6万3000円から6万1000円へ値下げです。

こちらは下記の表をどうぞ。

2018年3月1日実施のチケット価格改訂概要

From the “D” post

やっとですね。言い続けてたわーずっと言い続けてたわー

もう1つは、年間パスポートに対してグレードを設定し、ブロックアウトを増やす、という施策もあります。実は上記のディズニーランド・リゾートおよびウォルト・ディズニー・ワールドの年間パスポートは最上級グレードを比較していますが、ホリデーシーズンなどで入園できないグレードの年間パスポートはそこまで大きな値上げになってはいません。なので、東京ディズニーリゾートもさすがにグレード分けをするだろうと思っていました(「2016年10月より日付指定券限定入園日を導入」すると宣言しているので……)。そのため、次の値上げタイミングかと思っていたのに今回も全く変わらないというのは本当に驚きました。

東京ディズニーリゾート、2016年4月1日よりパスポート価格改定を実施

ブロックアウト日を設定して値下げまでは想像通りなのですが、上位グレードのブロックアウトなし年間パスポートが用意されていないのは驚き。世界でもブロックアウト設定なし年パスが存在しないパークなんて存在してたっけ…(上海は除いて)。いまの時点では存在しないけれど、また改めてそういうプレミアムな年パスを発売するということかもしれません(多分数量限定だろうなあ……)。

そしてさらに気になるのは、そのブロックアウト設定された日の雰囲気。体感ではかなりの年パスホルダーがいると思うものの、その人たちがいないパークというのがどんな雰囲気になるのか。そしてこれが客単価とかゲスト満足度的にいい結果が出たときの、オリエンタルランドの「次の一手」も気になります。株主優待チケットで行く日が決まった。