2018年もディズニー・イースター、東京ディズニーシーの春イベント詳細発表

2018年3月27日から72日間、東京ディズニーシーにて「ディズニー・イースター」が開催されます。

フォトロケーション(ウォーターフロントパーク) (c)Disney

LINK: 東京ディズニーシー®「ディズニー・イースター」2018 年3月27日(火)~ 6月6日(水)

LINK: 東京ディズニーシー スペシャルイベント「ディズニー・イースター」|東京ディズニーリゾート

2018年3月27日から6月6日までの72日間、東京ディズニーシーでは「ディズニー・イースター」を開催します。この期間東京ディズニーランドは35周年「Happiest Celebration」が開催されているため、2018年は東京ディズニーシー側のみでのディズニー・イースターが繰り広げられます。

これまで同様、さまざまなイースターエッグや美しい花々で飾られ、イースターバーニーボンネットで着飾ったディズニーの仲間たちが「ディズニー・イースター」を繰り広げます。

エンターテイメント・プログラム「ファッショナブル・イースター」

エンターテイメント・プログラム 「ファッショナブル・イースター」(イメージ) (c)Disney

まずはメインショー、東京ディズニーシーの4つのテーマポートから集まった個性あふれるファッションのアーティストたち、そしてディズニーの仲間たちで開催する春の祝祭「ファッショナブル・イースター」が2018年も開催されます。

基本的にはこれまでのショーを踏襲するものの、2018年版はフィナーレにて東京ディズニーリゾート35周年「Happiest Celebration!」のテーマソングが利用され、盛大なクライマックスが用意されています。

アトモスフィア・エンターテイメント

ディズニー・イースターの期間中、ウォーターフロントパークでは「東京ディズニーシー・マリタイムバンド」がイースターバーニーボンネットを身につけ、春らしいコスチュームで登場。その他、アメリカンウォーターフロントでは「ファン・カストーディアル」がディズニー・イースターを盛り上げます。

スペシャルグッズ&メニュー

うさみみカチューシャ(各1300円)、パッチン(各800円) (c)Disney

もちろんグッズ&メニューもディズニー・イースター特別バージョンに。メインショー「ファッショナブル・イースター」の舞台に立つモデルとなったディズニーの仲間たちをデザインしたスペシャルグッズが、約80種類登場します。また、うさみみカチューシャには今年新しくなったファッショナブル・イースターのコスチュームと連動したミッキーマウスの帽子や、東京ディズニーリゾート35周年限定バージョンなど8種類のパッチンも登場します。スペシャルグッズは3月20日から先行販売。

カフェ・ポルトフィーノ スペシャルセット 1980円 (c)Disney

ニューヨーク・デリ スペシャルセット 1150円 (c)Disney

そしてスペシャルメニューも。上記写真の他、トロピック・アルズではミスバニーととんすけのかわいいカップに入ったスペシャルドリンクが登場。こちらも3月20日から先行販売です。

体験プログラム「エッグハント・イン・東京ディズニーシー」

エッグハント・イン・東京ディズニーシー (c)Disney

これまで東京ディズニーランドで開催されていたエッグハントプログラムは、2018年は東京ディズニーシーで開催します。1回900円で専用マップを購入し、そのヒントにしたがってパークのさまざまな場所に隠されたタマゴを探す、体験プログラムです。

オリジナルグッズ (c)Disney

見事にタマゴを見つけ出すと、ゴールでエッグハント限定うさみみパッチンがプレゼントされます。

デコレーションも豪華

デコレーション(メディテレーニアンハーバー) (c)Disney

もちろん、パーク内のデコレーションもディズニー・イースター仕様に。ウォーターフロントパークには新たにファッションショーのランウェイをイメージしたフォトロケーションが登場。ミッキーやミニーが身につけるイースターバーニーボンネットをイメージしたフォトアイテムが貸し出されます。

このほか、ディズニーホテルの連動メニュー(3月20日から)や、ディズニーリゾートラインのデザインフリーきっぷなどの施策がスタートする予定。35周年の東京ディズニーランドと同様、とても楽しみですね。

2018年度の東京ディズニーリゾートは! LINK: 東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”20...
35周年の予告がとうとう。 LINK: 東京ディズニーリゾート 35 周年“Happiest Celebration!” 開催のお知ら...

2017年の様子はこちらをどうぞ。うさたま大脱走、また見たいですねえ。