【dp!】ミッキーマウス!新章/DHS新エリア進ちょく状況 ほか|2017年6月12日

2017年6月12日のdp!ニュースです。

「ミッキーマウス!」シーズン4がスタート

Mickey Mouse Shortsシリーズ、第4期がアメリカでスタートしました。相変わらずである。一部地域で放映された第2話「Canned」ではオズワルドも一瞬出てきたようで大変な話題に。そのうち配信されると思います。

映画の邦題が話題に

LINK: 【更新】タイトルと内容が違う…?大ヒット映画の邦題「私たちのアポロ計画」に批判 配給会社に聞く

LINK: 女性向けはスイートに、誤解を招く表現…「アポロ計画」だけじゃない、映画邦題の問題点 町山智浩さんに聞く

LINK: 指摘されて変更? ますます増える副題。最近の映画タイトルの傾向は…(斉藤博昭) – 個人 – Yahoo!ニュース

ディズニーの時はここまで盛り上がらなかったのは何ででしょうね……。バズフィード山崎記者の記事から端を発した、20世紀フォックスの「ドリーム」(原題:Hidden Figures)邦題騒動、これに関して映画評論家の町山さんのインタビューなどが掲載されています。

町山さん記事はさすが映画界をずっと見てる人という印象。しかし例示されているおかしな邦題の3本中2本がディズニー。今回の話は邦題を付けるなではなく「嘘をついたり混乱させるな」がポイントで、ありとあらゆるビジネスは誠実に向き合う必要があると思いました。

ウォルト・ディズニー・ワールド、ディズニー・ハリウッドスタジオの「2つのランド」を空撮

LINK: Walt Disney World construction update with aerial photos: Studios, Springs and more

現在建設中の「トイ・ストーリー・ランド」および「Star Wars-Themed Land(仮)」を空撮した様子が掲載されています。トイ・ストーリー・ランドは結構かたちができていて驚きました。ここには新たなローラーコースター「Slinky Dog coaster」、そしてエイリアンたちがテーマの「Alien Spinning Saucers」が登場予定です。

NTT、VR技術を遊園地に販売

LINK: VR、遊園地や劇場に販売方針…NTT社長 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

これ、ディズニーのパーク&リゾート、およびイマジニアの方針とはかなり異なるんですよね。以前も書きましたがディズニーはVRに関して実証実験どころか実運用をした上で避けてる感があります。そのVRテーマパークも来月頭にクローズですし。

とうとうというか、やっとというか……。 LINK: Making way for The NBA Experience: Disney...

(↑これ、いろいろ見た感じ実際のクローズ日は7月2日のようです)

All Things Dでのセッションの様子が配信されています LINK: Thomas Staggs at D11: Disney's ...

Pandoraジュエリー、2017年秋冬ディズニーコレクションは「スティッチ」「バンビ」

LINK: Pandora Autumn/Winter 2017 Teasers | Mora Pandora

写真はないですが、秋冬ディズニーコレクションとして「リロ&スティッチ」「バンビ」が予定されているとのこと。

2014年秋からディズニーと提携しているジュエリーブランド「PANDORA」のブレスレットを買ってみました。

NHK「短歌 題 “地名” 」にて中川翔子さんが出演

LINK: NHKネットクラブ マイ番組表-キーワードウォッチ!該当番組一覧

6月18日(日)朝6時から。ディズニー無関係に見えますが、こんな関係が。

ジョン・ラセター氏、D23 Expo 2017を語る

「Cars 3」のワールドプレミアが開催されました。そのインタビューにて、ジョン・ラセター氏が7月に開催のD23 Expo 2017について熱く語っています。グレイトなコンベンションになるよ、と。

現時点での情報をまとめます。新情報が出たら追記しようと思います。 LINK: D23 EXPO 2017 UPDATES Archiv...

From the “D” post

最近ある業界で大変な話題になっているお話。

LINK: 食べログレビュアー「うどんが主食」が「高評価飲食店」から過剰接待 | 文春オンライン

私はこれまで飲食店を評価する時、いくら親しい友人の店であっても正直に評価をしてきました。
今回、週刊文春の記事において書かれたことで多くの読者の方々に誤解を与えてしまい、
また友人のお店に多大なる迷惑をかけてしまいました。
今後、たとえ美味しくても友人のお店は誤解を招く恐れがあるので一切レビューしないことにします。

LINK: うどんが主食さんのプロフィール詳細 [食べログ]

要するに「レビューにおいて対象から過剰な接待をうけた」というもの。これは金銭、もしくはそれに準ずる利益を得た上でのレビューになりますので、いわゆるステルスマーケティングと呼ばれるものになります。関係性を明示しないままレビューを書くのは、読者に対する裏切りになりますね。アメリカだったら完全にアウトな案件。

またFTCは、たとえブランドとの関係について書いてあっても、宣伝を意味する「#sp」「#partner」といったハッシュタグや「Thanks(ブランド名)」という言葉は分かりにくいと指摘。さらに、ほとんどのユーザーは最初の3行くらいしか目を通さないため、「more」ボタンより上に記載するよう指導している。

LINK: ニュース – 「ステマはだめ!」、InstagramインフルエンサーにFTCが警告:ITpro

先日消費者庁が発表した「平成29年版消費者白書」によると、

商品やサービスを検討するときにクチコミを参考にする」とした回答の割合は、20歳代で71.4%となっており、 特に20歳代女性は82.7% と高くなっています。

という表記があり、クチコミの影響力が多いことが分かります。特定の人の影響力が高いことに関しては全く異論はないですが、私たちが必要としているのはその人の審美眼であり、ブログやInstagram投稿の中に「本人は使ってもないのにお金をもらって投稿したにもかかわらず、その関係性が明記されていない」ものが混ざっていた場合、その本人の信頼度が下がるだけでなく「インターネットにある情報すべてが信頼できなくなる」ということが起きえます。お金をもらって書くのは問題なし。問題なのはその関係性の明記。

特にdpost.jpに関しては個人ブログということ、そして対象が個人メディアには金銭授受が発生することがなさそうなウォルト・ディズニー・ジャパン/オリエンタルランドということもあり、こういう接待とかステルスマーケティングなどが発生しにくいジャンルにあると思います。しかし、聞いた範囲では周辺の企業や広告代理店などの存在により、「ステルスマーケティングが発生する可能性が100%ないというわけではない」ようです。

「ステマ」という言葉の誤用も散見されるネット界です(単なる熱狂的なファンをステマと表現する例がある)。ステマの本当の問題は、「いわれてやってるのではなく本当に好きで、その対象のためなら私財をなげうってでも」という人が、「なんのプラスもなくても情報発信している」というものが「アイツきっと金もらってるんだぜ」といわれること。その下地である「不信感」を作ることが、ステマの最大の罪です。

ということで、D23 Expo 2017は誰も取材協力することなく、完全自費で行ってきます(←今日一番主張したかった一文)。dpost.jpは取材協力(具体的には編集権は渡さずとも、旅行費/宿泊費などの提供を受けた場合)を受けたときは、関係性をきっちり明示して行きたいと思います。商いは正直に。

2016年7月末、ディズニー・ディスティネーション・インターナショナルの取材協力という形で、香港ディズニーランドを見てきました。実は10周年...