東京ディズニーシー新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」レポートをねとらぼに寄稿しました

シェアする

しました!

LINK: サカナになって探検だ! 東京ディズニーシー「ニモ&フレンズ・シーライダー」を一足先に体験してきた – ねとらぼ

LINK: 東京ディズニーシーに本物のドリーとマーリンが! 「ニモ&フレンズ・シーライダー」ついにオープン – ねとらぼ

東京ディズニーシーにて久しぶりの新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」が本日2017年5月12日にオープンしました。プレスプレビューのレポート、そしてオープニングセレモニーの様子を寄稿しましたので、まずはそちらをどうぞ!

まずアトラクションの内容。まーこれが大変良くできていて、何度も楽しめるというのが大きなポイント。構造上は「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」的ではあるのですが、こちらの方は多分3回くらい乗らないとマルチストーリーであることすら気が付かないシームレスな内容。実際プレス体験会のときは1回目と2回目がほとんど変わらなかったので、あとで3回目に乗ったときに本当にびっくりしました。

今回のニモ&フレンズ・シーライダーはもちろん東京ディズニーシーのオリジナルアトラクション。内容はピクサーの映画スタッフが新規に作った映像ですし、これにあわせて日本語吹き替え陣が再結集しているわけです。これ、映画に似た絵を作ったのではなく、できた映像が「映画そのもの」というのがすごい体験です。しかもなんとなくですが、日本語吹き替え音声に合わせて映像をリップシンクしているんじゃないかとも思います(たった3回の体験では判断できなかった)。それって本当にすごいことですよね。完全に日本向けに作られたピクサーの新作、ということになりますから。

ということで個人的には大満足のアトラクション。ただ、テキストでは伝わりようがないと思いますので、またぜひ東京ディズニーシーに遊びに行ってみてください。はやくサクッと何周もできるくらいに空いてくれるといいんですが(それはそれで困るか)。

LINK: サカナになって探検だ! 東京ディズニーシー「ニモ&フレンズ・シーライダー」を一足先に体験してきた – ねとらぼ

LINK: 東京ディズニーシーに本物のドリーとマーリンが! 「ニモ&フレンズ・シーライダー」ついにオープン – ねとらぼ

個人的には室井滋さんといえば恩田レイ子ですので、その声そのものが聞けて本当にうれしかったです。1988年か……。

LINK: やっぱり猫が好き – Wikipedia

スポンサーリンク