「ディズニー・アート展《いのちを吹き込む魔法》」東京展レポートをねとらぼに寄稿しました

久しぶりに見応えのあるディズニーのアートイベントです。

ディズニー・アート展(東京・日本科学未来館)

LINK: ディズニー・アート展《いのちを吹き込む魔法》 | ディズニーアート2017

東京・お台場の日本未来科学館で、2017年4月8日から「ディズニー・アート展《いのちを吹き込む魔法》」東京展が開幕しました。2017年9月24日までという長丁場で、ねとらぼレポートでも書きましたが必見ともいえる内容。写真などはこちらに転載しづらいので、ぜひまずはこちらをどうぞ。

LINK: ディズニー作品をアート的&技術的に解説! 「ディズニー・アート展」を一足先に見てきた – ねとらぼ

で、今回ちょっと面白い話を聞いたので、その辺を触れたいと思います。

(左)ウォルト・ディズニー・アニメーション・リサーチ・ライブラリーのメアリー・ウォルシュ氏 (右)日本科学未来館 キュレーター 内田まほろ氏

まずはウォルト・ディズニー・アニメーション・リサーチ・ライブラリーのメアリー・ウォルシュさん。ウォルト・ディズニー・アニメーション・リサーチ・ライブラリーというとピンとこないかもしれませんが、「DisneyARL」のアカウント名なら見たことがあるんじゃないでしょうか。ディズニー公式アカウント群のなかでも超硬派な渋い情報を出すアカウント。ARLはディズニー・スタジオのアーティストたちの資料を整理し、彼らにインスピレーションを与えるために歴史を記録し続けるという組織です。そのマネージング・ディレクターが来日されて、解説を行いました。

LINK: 「If you can dream it, You can do it.」はウォルトの言葉なのか? – Togetterまとめ

プレス陣向けにプレーン・クレイジーおよび蒸気船ウィリーの一通りの解説を行った後、ちょっと気になることを聞いてみました。「ARL的に、この蒸気船ウィリーは『ミッキー初主演作』なの?それとも厳密に『トーキー初主演作』と書くべきなの?」と。その答えは意外にも「蒸気船ウィリーは『ミッキー初主演作』であり、『トーキー初主演作』である」という認識だとのこと。あれ、まじで?

ARLとして、この蒸気船ウィリーが初公開された作品であることは間違いがなく、プレーン・クレイジーは制作していたものの、1928年11月18日時点では「公開されていなかったもの」。そのため、初公開作品/ミッキーデビュー作品はあくまで「蒸気船ウィリー」である、というのが認識のようです。というより、そこまで厳密に区別していないというのが正しい認識なのかもしれません。これはちょっと面白いと思いました。「それはトーキー初主演作だ警察」に対抗する警察ができそう(苦笑)。

ディズニー・アート展(東京・日本科学未来館)

そしてもう1つ注目すべきは、日本科学未来館のキュレーター、内田まほろさん。個人的には本当にびっくりしたんですが、この方あくまで「科学技術を使って『夢』と『魔法』を現実化した」という側面からディズニーを見ていて、その結果が今回の展示につながっているということ。ディズニーのマニアとかじゃなく、あくまで技術面から見ていたということ。それでいてこの内容です。すごくないですか?本物の、正しい意味でのキュレーターとはここまで力があるのか、とびっくりしました。

それを踏まえると、今回の展示の中心部分(白雪姫〜101わんちゃん)の内容がとっても分かると思います。ディズニー作品に注目しつつ、それを背後から支えた「マルチプレーンカメラ」「ファンタサウンド」「ゼロックス」が大々的に取り上げられていて、技術のディズニーがクローズアップされています。さすがである。なので、この部分を中心的に見ていくと、より今回の展示が分かるとともに、キュレーターの内田まほろさんのスゴさが分かるはず。これまでも多数の日本科学未来館特別展を手掛けてきたとのこと。ああ、いくつか見たなあ。

LINK: 「子どもの夢の叶え方」第19回 内田まほろさん(日本科学未来館キュレーター)インタビュー | キッズイベント

ということで、今回の展示は大変、大変素晴らしいものです。期間は結構長いので、ファンを自認する方はぜひぜひ現地に行ってみてください。内田さんがちょこっと言ってましたが、夏ごろには子供向けの企画も追加されるかもしれないとのことでした。

「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」東京展は東京・お台場の日本科学未来館にて、2017年4月8日(土)〜9月24日(日)まで(火曜休館)。日本科学未来館は特別展だけじゃなく、常設展も最高。こちらも絶対にお見逃しなく。

LINK: ディズニー作品をアート的&技術的に解説! 「ディズニー・アート展」を一足先に見てきた – ねとらぼ

日本科学未来館「アナグラのうた」がすごい
 ディズニーじゃありません。が、これはいつかどこかで交差する。 LINK:アナグラのうた  お台場、日本科学未来館にて常設展示されてい...

LINK: 日本科学未来館 (Miraikan)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク