第89回アカデミー長編アニメーション作品賞は「Zootopia」へ

バイロン・ハワード監督、リッチ・ムーア監督による2016年作品「Zootopia」がアカデミー長編アニメーション作品賞を受賞しました。おめでとうございます。

「ズートピア」は日本では2016年4月に公開された作品で、動物たちが肉食/草食、捕食/被捕食の関係を乗り越え、共存する世界を描いたもの。主人公のウサギ、ジュディ・ホップスと、詐欺師のキツネ、ニック・ワイルドとのバディムービーです。

原題のおとぎ話として、ディズニーが得意とする「擬人化」という先入観を最大限に利用し、その本質を大人に対してはダイレクトに、子どもに対してはオブラートにつつみまくり投げかけてくるという、とんでもない怪作でした。私も初見時にはぐったりとしてしまい、翌日のチケットをすぐに確保したほどでした。

擬人化したのは何か――「ズートピア」を見て、感想を絞り出した

今回、アカデミー賞受賞に関して、ズートピアは時代に後押しされたという印象がすごくあります。本作は動物たちの本能と姿を「偏見の象徴」としてとらえていることが特徴ですが、折しもアメリカではポリティカル・コレクトネスの考え方の大きな変化が起こりました。それだけに、アカデミー会員にはこれを選ばずになにを選ぶ、という印象を与えたのだろうなあと、個人的には思っています。

2017年ゴールデン・グローブ、アニメ作品賞は「ズートピア」!

残念なのは、このおかげで最新作「Moana」が無冠で終わってしまったこと。でもアウリィ・カルバーリョとリン=マニュエル・ミランダのパフォーマンスは本当に素晴らしかった!リン=マニュエル・ミランダがアウリィをラップ調で紹介。すさまじい歌唱力だった!

LINK: Lin-Manuel Miranda and Auli’i Cravalho Performed “How Far I’ll Go” at the Oscars and It Was Everything | Oh My Disney

ということで、レッド・カーペットの様子を。

アウリィ・カルバーリョさんがすてきなドレスを!すばらしい。

リン=マニュエル・ミランダ。

ラセター夫妻。

ソフィア・カーソン。

そして、今回はタイラス・ウォン氏への追悼も行われました。

【dp!】Tyrus Wong氏死去/WDW税率変更/2017年まとめ動画|2017年1月1日

これまでのZootopia関連の記事もどうぞ。

2017年アカデミー賞ノミネート、長編アニメ作品賞に「Zootopia」「Moana」が選出
「Zootopia」初週末興行成績は7370万ドルで1位、アニメーション作品で歴代9位のスタート
「Zootopia」ワールドプレミアを開催、ニック・ワイルド&ジュディ・ホップスがライブキャラで初登場

その他の受賞作品は

短編アニメーション作品賞は「Piper」(邦題:ひな鳥の冒険)が受賞しました。

視覚効果賞は「ジャングル・ブック」が受賞しました。これはうれしい。

なお、ディズニーではないのですが、アカデミー助演男優賞のマハーシャラ・アリは、Netflixのマーベル作品「ルーク・ケイジ」にコットンマウスとして出演されていた方。すごい演技でした。