ウォルト・ディズニー・カンパニー、ユーロ・ディズニーSCA株を2ユーロで株式公開買い付け 上場廃止を目標

これは大きく動きました。

LINK: The Walt Disney Company Announces an Increase in its Interest in Euro Disney; its Intention to

ディズニーランド・パリ再建策として、ウォルト・ディズニー・カンパニーが大きく動きました。ウォルト・ディズニー・カンパニーはディズニーランド・パリを運営するユーロ・ディズニーSCAの株式を、1株あたり現金2ユーロで買い付けると発表しました。日本におけるTOB(株式公開買い付け)に相当する、OPA(Offre Publique d’Achat)を行うことになります。これによりユーロ・ディズニーSCAの株価は前日比65%高の1.98ユーロまで上がりました。今後この株式公開買い付けで、ウォルト・ディズニー・カンパニーの株式保有率を最大95%まで高めた場合、ユーロ・ディズニーSCAは最短で2017年6月12日に上場廃止する予定です。

また、その公開買い付けとは別に、現在のユーロ・ディズニーSCAにおける大株主である、Kingdom Holding Companyが持つ株式の90%を、1株あたり2ユーロ相当のディズニー株と交換するとも発表しました。これにより、現時点でユーロ・ディズニーSCAにおけるウォルト・ディズニー・カンパニーの持株比率は76.7%から85.7%へと、約9%上昇します。

さらに、ウォルト・ディズニー・カンパニーはディズニーランド・パリの再建策として、最大15億ユーロ相当の支援を行うと発表しました。


ここに至る経緯は下記の記事もどうぞ。

ユーロ・ディズニー、敵対的買収の標的に
ちょっと前の話ですがNIKKEI NET:ユーロディズニー、敵対的TOBの標的にを。いまってホワイトナイトだったアラブの王子の株主比率...
米ウォルト・ディズニー・カンパニー、ユーロディズニーSCAへ10億ユーロの資金援助を決定
ユーロディズニーSCA、財政危機に対する緊急協議を早朝に開催、思った以上に危機的でした。 LINK:Eurodisney to...

ディズニーランド・パリ(オープン当初は“ユーロ・ディズニー”)は東京に続くアメリカ国外のテーマパークとして1992年にオープン。当初から文化の違いから苦戦を強いられた上に、第二パークであるウォルト・ディズニー・スタジオ・パークはマイケル・アイズナー時代における「テーマパーク粗製濫造期」に重なり、特徴のないパークになりました(同時期に作られた香港およびディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーは大規模アップデートが必要になりました。オリエンタルランドの強い意向でテーマを深掘りしたために唯一成功したこの時期のパークが「東京ディズニーシー」。興味のある方は「海を越える想像力」「ディズニー・ドリームの発想」を)。

また、キングダム・ホールディング・カンパニーとはあのアル・ワリード王子が持つ企業。長年ホワイトナイトとしてユーロ・ディズニーSCA株を持っていました。結果としてウォルト・ディズニー・カンパニー株に変換できたと見るか、そもそも今回のオペレーションがここから始まった(アル・ワリード王子が株式を放出したがった)と見るかで判断が変わりそう。

LINK: 米ディズニー、仏ユーロディズニー株をサウジ王子から取得へ – Bloomberg

サウジの王子、アル・ワリード氏もディズニーランド・パリ救済策に同調
ユーロ・ディズニーSCA株式の10パーセントを持つ重要株主側のコメントが出ました。 LINK:Saudi prince joins £33...

アル・ワリード王子本人ではないにせよ、サウジ王家が貸切パーティーを盛大に行うという、実質的な資金援助をしたということも記憶に新しいです。

サウジの王子がディズニーランド・パリでプライベートパーティを実施(いわゆるDisneymoiさん&Disney Dreamers Everywhere関連)
とうとうメディアに載ったで…。その費用、2000万ドル。 LINK:サウジ王子が仏ディズニーランドで豪遊、19億円の出費 国際ニュース...

ともあれ、2014年に大きな話題となった、ディズニーランド・パリの再建策は、結論としてはウォルト・ディズニー・カンパニーの直営というかたちになるというのがはっきりと見えてきました。海外パーク運営の(悪い方のシナリオの)行く末が事例として見えたのは興味深いです。

余談ですが、これまでもパリ、香港、上海は“直営”ではありませんでした(で認識あってるよね?)。香港および上海も現地法人があり、その株式をウォルト・ディズニー・カンパニーが持つという形態で運営が成されています。東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランド社とウォルト・ディズニー・カンパニーとの関係は、ライセンス契約に基づくというものだけで、「資本関係がない」という点で他のパークとは異なります。

スポンサーリンク