ディズニーアンバサダーホテルに間もなく登場の「チップとデールルーム」「スティッチルーム」を見てきた!

ディズニーアンバサダーホテルで2017年2月6日に新たに登場するキャラクタールーム、「チップ&デールルーム」「スティッチルーム」を一足先に拝見させていただきました。

LINK: 「チップとデール」、「スティッチ」をテーマにした新たな客室が登場!|ディズニーアンバサダーホテル

ディズニーアンバサダーホテルでは2月6日より、ミッキー、ミニー、ドナルドに続く新たなキャラクタールーム「チップとデールルーム」「スティッチルーム」が登場します。内覧会に招待いただきまして一足先に見てきました。さらに関連したメニューや、デコレーションなども。

チップとデールルーム

まずはチップとデール、そしてクラリスがフィーチャーされた部屋。私自身も軽くチップとデール大好きっ子でしたので、これは人気出るなあと……まずはフォトレポートを。

チップとデールルーム (c)Disney

真ん中にはクラリス様が。 (c)Disney

ソファの上にもアートが飾られています (c)Disney

Two chips and a miss (c)Disney

カーペットにドングリ。そしてしっぽが (c)Disney

素晴らしい (c)Disney

さらに素晴らしい (c)Disney

鏡にも (c)Disney

やっぱりすごい分かってる!と思ったのは、チップとデールの「鼻」をイメージしたクッションですよねえ。実はこのクッションをアート段階で聞いて、内覧前に広報の方にすっごく期待してます!といったら若干引いてました。確かに普通の人なら単なるクッションにしか見えないかもしれませんが、「赤と黒をペアにするともうだめ」というリス脳の人にはたまらないと思います。

単体ではなんでもないクッションだが…… (c)Disney

ただ、なぜかチップとデール派の一部に「クラリスは認めない」という人もいらっしゃったりして、大変だなあと思ったりもします(苦笑)。ベッドの間にどーんとありますからねえ。ただ個人的には横にあるアートがクラリス登場回の「Two chips and a miss」(邦題:リス君は歌姫がお好き)のポスターがあったりして、由緒ただしい感じのキャラクタールームだと感じました。

スティッチルーム

そしてスティッチルーム。ハワイアンなアール・デコ調のお部屋です。意外なことに、派手というよりは落ち着いた印象でした。スティッチも大変人気がありますからね。

スティッチルーム (c)Disney

スティッチルームのカーペットにはウクレレやハワイ要素が (c)Disney

ちゃんとオハナがそろっていてうれしいです (c)Disney

単なるスティッチルームではなく、ちゃんと「リロ&スティッチ」がモチーフになっています (c)Disney

落ち着いた雰囲気でいいですね (c)Disney

リロ! (c)Disney

こちらもやるなあ、と思ったのはやっぱりクッションです。これ、銀河連邦の文字なんですよね。リロ&スティッチ自体、ハワイと宇宙というあんまり相いれない要素が同居していて面白いんですが、しっかりきっちり宇宙側の要素も入れているあたり、このルームの企画者が分かってるなあと。日本ではスティッチだけが注目されがちですけれど、自分は「リロ&スティッチ」という2人がセットだと思ってますので。

銀河連邦の言葉が書かれています (c)Disney

チップとデールルームも共通なのですけれど、これらの写真に掲載していないところにもびっくりするくらいにキャラクターの要素が入っていて、一見気が付かないものもたくさんあります。なので、これからこのキャラクタールームに泊まりたい!という方は、空っぽの状態で見に行くとたくさんの驚きが隠れていると思います。こういう隠し要素は自分で見つけることが楽しいですし、キャストの方に聞いてみて、それがコミュニケーションのきっかけになることこそがリゾートステイの醍醐味(だいごみ)なんじゃないかと思います。

これまで、東京ディズニーランドホテル/東京ディズニーシー・ホテルミラコスタでもキャラクターの要素が入ったルームが登場しています。

東京ディズニーランドホテル「ディズニーシンデレラルーム」2015年3月18日登場
2月14日から登場の「ティンカーベル」「ふしぎの国のアリス」「美女と野獣」ルームを見てきた!
2015年6月8日より稼働開始「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」新客室を見てきた

これも広報の方にお伺いした話なんですけど、これらホテルの「キャラクタールーム」もそれぞれ性格がことなっていて、例えば「美女と野獣」「ティンカーベル」といった東京ディズニーランドホテルの客室の場合は「映画の世界」をテーマにしています。そして「カピターノ・ミッキー・スーペリアルーム」といった東京ディズニーシー・ホテルミラコスタの客室の場合、こちらは「パークのテーマに沿った」内装になっていました。そしてディズニーアンバサダーホテルの場合、これは直球で「キャラクターの魅力そのもの」をテーマにしています。それを踏まえると、3つのホテルがすみ分けされているなあと思いました。

その中でも、ディズニーアンバサダーホテルはテーマ的にもかなり自由度が高く、面白い試みをしている場所だと思っています。それはここで楽しめるメニューにもあらわれていますね。

キャラクタールームに関連したメニューも多数登場

ということで、ディズニーアンバサダーホテルのレストラン/ラウンジで楽しめる、キャラクタールームに関するメニューも体験させていただきました。

まずは気軽に利用できるチックタック・ダイナーから。全人類(主にリス目)待望のブレッドが登場しました。

オレンジクリームブレッド 670円 (c)Disney

私、1990年代前半はチップ&デールファンで、当時はアメリカの通販カタログや千趣会ディズニーカタログを見ても、チップ&デールグッズって1,2ページあればいい方だったんですよ。それを考えると隔世の感があります……。

LINK: 【公式】キャラクターをテーマにしたスペシャルメニュー スペシャルブレッド (1/6~3/17)|ディズニーアンバサダーホテル

そして次は「エンパイア・グリル」。こちらでは既にミッキーをモチーフにしたディナーが提供されておりますが、2月6日の新客室オープンにあわせ、スティッチをテーマにしたディナーが楽しめます。これが本当に素晴らしかった。前菜もメインもなんとなくスティッチ感があるというか、スティッチだと言われるとこっちもいろんな想像をしてしまう楽しみがある上に、おいしい。

「キャラクターをテーマにしたスペシャルメニュー
エンパイアディナー」後期メニュー 2017年2月6日〜3月17日 1万円 (c)Disney

LINK: 【公式】 キャラクターをテーマにしたスペシャルメニュー エンパイアディナー (1/6~3/17)|ディズニーアンバサダーホテル

さらに、こちらもキャラクターをイメージしたノンアルコールカクテルとコレクタブルグラス。コレクタブルグラスは各レストラン共通で、中身が異なります。これはエンパイア・グリルのカクテル。

キャラクターをテーマにしたスペシャルメニュー スペシャルノンアルコールカクテル コレクタブルグラス付き(エンパイア・グリル) 1860円 (c)Disney

LINK: 【公式】キャラクターをテーマにしたスペシャルメニュー スペシャルノンアルコールカクテル コレクタブルグラス付き (1/6~3/17)|ディズニーアンバサダーホテル

既存客室のオリジナルポーチもリニューアル

そして、新客室だけでなく、既存キャラクタールームのオリジナルポーチもリニューアルします。

オリジナルポーチ(ミニー/ドナルドは4月1日より、ミッキーは7月1日より提供) (c)Disney

チップ&デール、スティッチは2月6日から、ミニー、ドナルドは4月1日から、ミッキーは7月1日から1部屋に1個、提供されます。

ディズニーアンバサダーホテルは他の2つのホテルとは異なる性格を持っていて、確かに場所は離れているものの、こういった面白い取り組みをやっていたり、そもそもバスが出ているので距離的には関係がない上に、ショッピングもできるというホテルです。順次新たなキャラクタールームがオープンするので、ちょっとぜいたくな時間を過ごしたいという方や、キャラクターが好きな年頃のお子さんをお持ちのご家族、それこそ学生グループでもアリかなあと思いました。

ちょうど取材で廊下を歩いていたとき、チェックインして初めてドナルドルームに入るゲストの方がいらっしゃって、ドアを開け、初めてあのベッドが目に飛び込んできたときの「わぁ!」という明るい声が聞こえたのが大変印象的でした。そういった驚きとか、感動とか、ハッピーとかのためにこういうキャラクタールームを作っているんだろうなあと。お仕事を忘れ、個人的にもとても楽しい体験でした。