【dp!】ニック・ピテラ新作/ポルカドットデー/夜のパレード復活 ほか|2017年1月23日(Update)

シェアする

おはようございます。2017年1月23日のdp!ニュースです。

ニック・ピテラ、Moana「How Far I’ll Go」を歌い上げる

もう気楽にアゴジンとか呼べないレベルのケツアゴ、ニック・ピテラさんの新作はMoanaから「How Far I’ll Go」です。過去の作品もぜひどうぞ。

もう気軽にアゴジンとか呼べないレベル。 LINK:Nick Pitera Can Show You The World (of Ala...
2015年7月18日公開、久々のピクサー映画「インサイド・ヘッド」(Inside Out)にアイツが出てます。
また貴殿か。ということで、過去の動画も合わせてねとらぼに寄稿いたしました。読んでね。 LINK:ミュージカル好き必聴、いや必見! あのアゴ...

ナショナルポルカドットデー、パークでも「#RocktheDots」イベント開催

ウォルト・ディズニー・ワールド、ディズニー・スプリングスでは特別なバッジ(ボタン)が配布されているとのこと。いいですねこれ。

追記:

写真がいっぱい出てきたので追記します。すごい、出てくるたびに衣装が違う。Disney Springsに登場するグリーティングのミニーがニュールックなことに注目。ウォルト・ディズニー・ワールドではまだキャッスルショーくらいしか導入されていませんでしたが。

Minnie looks too cute at @disneysprings for #NationalPolkaDotDay! ???? Check out our Instagram story for more #RocktheDots fun.

Disney Styleさん(@disneystyle)が投稿した写真 –

自分メモ。ここで取り上げていない情報があったらぜひお知らせください。逐次アップデートしています。

Main Street Electrical Parade、生まれた地に帰還

LINK: It’s Home! Main Street Electrical Parade Begins Limited-Time Run at Disneyland Park | Disney Parks Blog

公式パークブログで記事がでました。2017年6月18日までの限定実施です。その後はどうなるんでしょうかね。噂はいろんなかたちで噴出してはいますけれど。

Disney-ABC Television GroupのCFO決定

LINK: Disney-ABC Television Group Names Robert Langer CFO | Variety

Robert Langer氏が就任します。

注目が集まる「ソニー・ピクチャーズ」の動向

LINK: With Michael Lynton’s exit, what’s next for Sony Pictures? – LA Times

ちょっと前のお話。ソニー・ピクチャーズのトップ、Michael Lynton氏がSnapChatへ。その後任の名前の一人として、ディズニー社元COO、あのトム・スタッグスがピックアップされています。

まだ整理ができてませんよ。 LINK Thomas O. Staggs – The Walt Disney Company

ソニー・ピクチャーズを、アップルをはじめとするテック系企業が買収?みたいな話も出てきていて。ちょっと気になってますね。鍵を握るのは、2017年7月7日(日本公開2017年8月11日)に公開される「Spider-Man:Homecoming」次第か。

イエスッ!これですよこれ!望んでいたのは!!!

パンドラジュエリージャパン、浦安ショップの求人を再度開始

LINK: PANDORA(パンドラ) 千葉エリアでの募集の正社員求人情報 (浦安市・ジュエリー販売スタッフ) | 【パンドラジュエリージャパン】

内容的におそらく東京ディズニーリゾート内のショップ(4店舗)の者ではないかと思います。勤務時期がいつからかは分かりませんが、ネット上にちらほら出ている「2017年3月まで」というのはこれで消えたかな…。

2016年12月26日より販売開始です。 LINK: パンドラ|東京ディズニーリゾート
2014年秋からディズニーと提携しているジュエリーブランド「PANDORA」のブレスレットを買ってみました。

From the “D” post

LINK: ディズニー・ジャパンの「女性といえば恋愛要素」発言炎上と、ユーザー間アンケートについて | 瞬きて、視覚

すっごく納得してしまった。

この元になった記事はこちら。

LINK: マーベル新作、“マント人気”で大台ヒット狙う:日経ビジネスオンライン

まあ相手はマーケティングのプロなので、問題はその考え方が実際のプロモーションにしっかり受け継がれているか(マーケティング部隊と実際のPR代理店の行動が一致しているか)だと思います。それでいうとドクター・ストレンジに関しては素人目に見て失敗してるんだろうと。

あと、上記の記事を読んだときのファーストインプレッションで「女性にラブ要素は欠かせないですからね」の部分に何も触れていないのは、もちろんこれをロマンスではなく「ブロマンス」と読んでいたからです。だよなーキャップとバッキーとファルコンの三角関係な!最高だな!やっぱり分かってんな!と思ってスルーしてました。

現場からは以上です。

(自分メモ:バレンタインナイト2017のプリンスプリンセスシーンで考え込んでしまった、従来の「正当派I Wishソング」と、最近頻出しつつある「偽りのI Wishソング」について、書くのを忘れないようにする)