パナソニック、USパーク&リゾートと戦略的提携 「公式プロジェクション技術」として認定

CES2017での発表でした。

LINK: ウォルトディズニーワールドリゾート、ディズニーランドリゾートと戦略的提携関係を締結 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan

パナソニックとウォルト・ディズニー・カンパニーは2017年1月5日、パナソニックのプロジェクション技術がウォルト・ディズニーのパーク&リゾート部門における「公式プロジェクション技術」として認定されたことを発表しました。この提携合意により、パナソニックの最新プロジェクション技術が、ウォルト・ディズニー・ワールド、ディズニーランド・リゾート2つのパークにおいて利用可能になったとのことです。

リリースによると、既にパナソニックのプロジェクション技術は多くのアトラクションにて採用されており、2017年夏にオープンする「Pandora: The World of AVATAR」のアトラクション「Na’vi River Journey」でも採用されるとのことです。

パナソニックは既にディズニーのアメリカにあるテーマパークのアトラクションにおいて、技術面で重要な 存在となっています。具体的にはディズニーパーク内の “Finding Nemo Submarine Voyage” や、ディズニーカリフォルニアアドベンチャーパークの “Radiator Springs Racers”。マジックキングダムパークの “Haunted Mansion”や“ Seven Dwarfs Mine Train”。エプコットの“Frozen Ever After”や”Gran Fiesta Tour Starring The Three Cabelleros”。さらにウォルトディズニーワールド内アニマルキングダム・テーマパーク にオープン予定の新エリア “Pandra – the World of Avatar”で、これから公開となる ”Na’vi River Journey” です。

ディズニーのコーポレートアライアンスを担当する、カルロス・カストロ副社長は、「私たちはウォルトディズ ニーワールドリゾートとディズニーランドリゾートで、ゲストが他では体験できない、大切にしたい思い出と なるような、唯一無二の世界レベルの体験を提供していきます。パナソニックと共に、エキサイティングで 革新的な新しいおとぎ話を考え続けていくことになり、わくわくしています」と述べています。

LINK: ウォルトディズニーワールドリゾート、ディズニーランドリゾートと戦略的提携関係を締結 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan

2つのアトラクション映像も 「Pandora: The World of AVATAR」最新動画を公開
とうとうアトラクションの映像も出てきました。オープンは2017年夏予定です。

今回の発表は、2017年1月5日にアメリカ、ラスベガスで開催のコンシューマ向けテクノロジーの展示会「CES 2017」で発表されたもので、パナソニックの発表会ではディズニーよりコーポレートアライアンス担当バイスブレジデントのカルロス・カストロ氏、そしてミッキーマウスも登壇したとのことです。ノーマークだった……。

LINK: パナソニック、GH5やTechnics新ターンテーブル発表。ディズニーとプロジェクションマッピングで協業 – AV Watch

LINK: パナソニック、米ディズニーと提携 プロジェクター長期供給  :日本経済新聞

今回のリリース内容、プロジェクション技術とディズニーというとどうしてもど派手な「プロジェクションマッピングショー」を想像しがちで、リリースでは「Finding Nemo Submarine Voyage」や「Haunted Mansion」などの名前が挙がっていることに違和感を覚える方もいるかもしれません。ディズニーのイマジニアにとってプロジェクション技術はあくまで「環境をダイナミックに変化させるための手法」であり、イマジニアはこれを「Dynamic Environment」と呼んでいます。これについては以前寄稿したマーク・ミネ氏講演のレポートをどうぞ

MONOistに「ディズニーの夢と魔法を実現する最新テクノロジーの世界」を寄稿しました
2014年6月25日、東京ビックサイトで開催の「第22回 3D&バーチャル リアリティ展」において、ウォルト・ディズニー・イマジニアリング ...

LINK: ディズニーの夢と魔法を実現する最新テクノロジーの世界 (1/4) – MONOist(モノイスト)

スポンサーリンク