【雑記】「dpost.jpでよく読まれる記事を振り返る」 #dpostjp_advent & 2016年12月22日のミニニュース

シェアする

これは「dpost.jp【雑記】祭り Advent Calendar 2016」 12月22日参加の記事です。

LINK: dpost.jp【雑記】祭り Advent Calendar 2016 – Adventar

ということで、まずはここ10年間で読まれた記事、トップ5を振り返っていきましょう。

第5位

2014年版「ディズニー・ハロウィーン」の詳細が発表されました 東京ディズニーランド「ディズニー・ハロウィーン」(写真は2013年のもの)...

第4位

2015年9月23日追記:この記事はディズニーが公開した、ブラッド・バード監督による映画「Tomorrowland」のプロモーションとしての...

第3位

2014年4月2日から6月23日まで開催のスペシャルイベント詳細リリースが出ました。 ディズニー イースター (c)Disney

第2位

言わなきゃよかったね。うん。 . 上記に端を発したD系隠語、分かる限り解説します。なので、もう二度と使わないように心掛けてくださいど...

第1位

2014年11月7日から12月25日まで開催されるスペシャルイベント「クリスマス・ファンタジー」「クリスマス・ウィッシュ」の詳細が発表されま...

…うわつまんねえ結果。2014年ころまではそもそも東京ディズニーリゾートのリリースを取り上げるサイトがなかったってことですね。それだけ。いまは商用サイト含め乱立しているからねえ。

では、「東京ディズニーリゾートリリースをのぞいて」という条件を付けてみましょうか。

言わなきゃよかったね。うん。 . 上記に端を発したD系隠語、分かる限り解説します。なので、もう二度と使わないように心掛けてくださいど...

あー、忘れられない記事ですわ……めんどくさかった!そしていま調べたらこのコンテンツが結構パクられていることに気が付いた(事前に声かけていただいた方もいます)。これ作る時はとにかくまともな記事にするつもりはさらっさらなくて、最近の雑記的なことをイメージしながら黒くまとめました。アップデートしようにも舞浜にあまり行かなくなったのでよく分からなくなった。これからまとめる人はいい感じのセンスを持ってやってください(ポジショントーク)。

2015年9月23日追記:この記事はディズニーが公開した、ブラッド・バード監督による映画「Tomorrowland」のプロモーションとしての...

クソ無粋な注記を付けざるを得ない状況になったのは、これを本気で信じてる人がどうも多いみたいなんですよ……。なのであまり触れたくない。みんな映画の「トゥモローランド」見ようぜ!

2014年6月30日、ファンイベントにてダッフィーの新しいお友だち「ジェラトーニ」が発表されました。ここではまずフォトレポートを速報としてお...

プレスリリースものというより取材もの。ジェラトーニ初登場時に見事dpost.jpのサーバーを落としました。その意味で大変印象に残ってます。

2014年秋からディズニーと提携しているジュエリーブランド「PANDORA」のブレスレットを買ってみました。

これも印象深いなあ。いまだに参照される記事です。本当に東京ディズニーリゾートにも来たので、次はぜひオリジナルチャームを。思い出を作るという意味では意義深いアイテムだと思います。

ファクト部分は先の記事をどうぞ。こちらは全ての文責がmtakeshiにある、妄想エントリです。 #追記注:全部の妄想をひっくり返すような発...

2014年版の再開発メモ。ああ、もうこの作業は無駄になってしまった。でも超楽しかった。

これは実に興味深いお話。 LINK:花園教会 in 京都 東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドにイースターにおける公開質問状...

あーー、これも印象深い。結局尻すぼみになった感がすごいけれど、一石を投じたという意味で花園教会のお話は興味深いものでした。

dpost.jpに書いた、D23 Expo 2015のレポート記事インデックスです。

D23 Expo関連はまとめて。来年も楽しみだねえ。

そして東京ディズニーリゾートの、現時点で生きている計画。もう一段階くらい変わってもいいと思う……。

ああ、だから私はディズニーという思想の集合体を追いかけているんです。 LINKDream Big – The Walt Disney Co...

忘れてた!これすっごく記憶に残ってたのに。いいお話だしディズニーの向かう先を表している。ぜひどうぞ。

これは「ディズニー関連ブログアドベントカレンダー2015」12月25日参加の記事です。今回、寄稿という形で新たな投稿者に登場いただきました。...

コメントは控える。

なんか全体を通してみると、2014年〜2015年あたりのほうが読まれてる感があるなw これ以外にもいろいろ書いたけど、気合を入れた記事とページビューは全く相関しないので、今回のは手間がかかる割にあんまり面白い内容じゃなかった。今後もページビューを追いかけず、RT狙いもしない地味な運営を続けていこうと思います。

2016年12月22日のミニニュース

ちなみに雑記はTwitterにはリアルタイムに流さないが故、Twitter投稿(ICYMI)にこのページを見た方は1日遅れのニュースになってるはずです。ブックマークして定期的にトップページ見に来てね。

ディズニーランド・パリ、ビッグサンダー・マウンテンが復活

LINK: Big Thunder Mountain Reopens at Disneyland Paris | Disney Parks Blog

1年以上クローズしてきれいにしていました。最後の爆発演出追加バージョン。東京もイッツ・ア・スモールワールドの大規模リニューアルが発表されましたけど、ホーンテッドマンションやスペースマウンテン、ビッグサンダー・マウンテンのリニューアルやるのかな。

EPCOT新イベント「Epcot International Festival of the Arts」で体験できるメニューが発表

LINK: Photo Gallery: Culinary Treats at Epcot International Festival of the Arts at Walt Disney World Resort | Disney Parks Blog

気になってるイベント。こりゃまた豪華ですね。

ウォルト・ディズニー・ワールド、EPCOTに新たなイベントがスタートします。 LINK: All-New Epcot Intern...

「ディズニー・ハワイアン コンサート」記者会見レポート

LINK: 〜ディズニー映画最新作「モアナと伝説の海」公開記念〜「ディズニー・ハワイアン コンサート」記者会見 アーロン・サラ、キナ&カラニ パフォーマンス披露!!|株式会社キョードーメディアスのプレスリリース

これがプレスリリースとして載るのもすごい。気になってるのは、「サブタイトルにもあるように、本公演は日本で3月10日に公開が決定している、ディズニー映画最新作『モアナと伝説の海』の公開を記念して行われる」ってあるのにMoanaの曲はやらないの…?

ディック・ヴァン・ダイク、THRのインタビューにて「Mary Poppins Returns」への出演をコメント

LINK: Dick Van Dyke 'joins cast of Mary Poppins Returns' – BBC News

And now he’s agreed to join a Poppins sequel. “This one supposedly takes place 20 years later and the kids are all grown up,” he says. “It’s a great cast — Meryl Streep, Angela Lansbury and that guy [Lin-Manuel Miranda] from Hamilton.”

LINK: Creative Until You Die

ほほう。。。

【ネタばれ注意】アメリカのMoana公式アカウント、さらにもう1曲シーンを含めフル公開

LINK: Moanaさんのツイート: "Here's a Shiny new present in honor of #TamatoaTuesday! Watch the full sequence of "Shiny," w/ @AJemaineClement now! https://t.co/iagyXev3ru https://t.co/oiJxkRnMZj"

いやーーーー、アメリカはもう見る人全員が見た前提でネタばれとか関係なくなってる。日本の公式アカウントが変な動画出さないといいなー。

東京ディズニーリゾート公式ブログで公式しか出せない写真を掲載

LINK: 東京ディズニーリゾート~ある日の一枚~ | 【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

いいね。

From the “D” post

昨日の記事、

なかなか考えた手を……。 LINK: 春のキャンパスデーパスポート | 東京ディズニーリゾート

思い出したのはこれです。

オリエンタルランドが運営する東京ディズニーリゾートを支えるのは、年間に何度も来園するコアなファンだ。こうしたファンは、同時に家族や友人を連れて来園するという重要な役割も担っている。そこでオリエンタルランドでは、コアなファンだけでなく、誘われて来園する人達にいかに魅力を感じてもらうかも重視し、「誘い層」、「誘われ層」、それぞれのカスタマージャーニーを描いている。

誘われて来園した人がファン化し、また新たな人を連れてくる。その循環から「いかに血を濃くしないで、低頻度の人にたくさん来てもらうか」(オリエンタルランド笠原氏)を狙ったジャーニーの設計だ。

LINK: 顧客視点に立って、“業界慣習”を白紙に戻す――アクア、オリエンタルランド、ファミリーマート、富士フイルム | AdverTimes(アドタイ)

この記事が出たときは具体策が何もピンとこなかったんですが、この方向性は今も強く継続中ということなのですね。いいね!特に「いかに血を濃くしないで」がいいね!!