リチャード・シャーマン、ウォルト没後50年の節目に再度彼のために歌う

シェアする

お元気そうで何よりです。

LINK: Richard Sherman Performs Classics in Walt Disney’s Office Suite – D23

ウォルト・ディズニーは1966年12月15日にこの世を去りました。その50年後の2016年12月15日、きれいになったウォルトのオフィスに、ディズニーの歴史に名を残すメンバーが集い、ウォルトの没後50年を静かに偲んだという記事がD23に掲載されています。この会に参加したのは、ボブ・アイガー(ディズニー社CEO)、アラン・ホーン(ウォルト・ディズニー・スタジオ)、ケヴィン・ファイギ(マーベル社長)、ジョン・ラセター(ピクサー/ウォルト・ディズニーCCO)、エド・キャットムル(ピクサー社長)、ベッキー・クライン(ウォルト・ディズニー・アーカイブ代表)、そしてレナード・マーティン、ディック・ヴァン・ダイク、カレン・ドロシー、デイヴ・スミス、トニー・バクスターと、とんでもないメンバーでした。

そしてリチャード・シャーマンはこの日「There’s a Great Big Beautiful Tomorrow」「Feed the Birds」、そしてウォルトのスタジオでの働きを歌った「The Whimsy Works」の三曲を披露したそうです。その様子が動画で公開されています。身にしみるパフォーマンス。お元気そうで本当に何よりです。

そして、この会に参加された方々も、Walt Weekのメッセージを記入したとのこと。東京ディズニーリゾートでこれができなかったのは本当に本当に残念です。

エリック・ゴールドバーグ、アンドレアス・デジャ、そしてリチャード・シャーマンが参加したようですね。リチャード・シャーマンのメッセージが泣けます。各パークで書かれたこれらのメッセージは、D23 Expo 2017でも展示される予定です。

Animator Eric Goldberg and Disney Legend Andreas Deja took the time to write messages, and Richard Sherman wrote a heartfelt note before sitting at Walt’s piano and playing some beloved Disney songs. “Dear Walt,” Richard wrote, “I’ll never forget our time with you. All my love and admiration!!”

LINK: Fans and Luminaries Pay Tribute to Walt Disney – D23

ウォルト・ディズニー没後50周年記念の「Walt Week」、東京ディズニーリゾート含む世界のパークで開催→東京は中止に(update)
2016年12月15日(木)、ウォルト・ディズニーがこの世を去って50年がたちました。 LINK: Celebrate ‘Walt W...

ウォルト・ディズニーがいなければ、この楽しい世界はありませんでした。ぜひこの機会に、いろいろとディズニーと“ウォルト”を調べてみてはいかがでしょうか。今だとNetflixで配信されているドキュメンタリーが一番手軽(NHK BSで放映されていたもの)。伝記本と合わせてぜひどうぞ。

スポンサーリンク