【雑記】「ウォルト・ディズニー・ワールド大好き!」 #dpostjp_advent

これは「dpost.jp【雑記】祭り Advent Calendar 2016」 12月6日参加の記事です。

LINK: dpost.jp【雑記】祭り Advent Calendar 2016 – Adventar

やっと課題お題が終わりまして、もうご隠居の出番もないと思います。ありがとうテンプレート。

ということで、今回のお題は「ウォルト・ディズニー・ワールド」。世界のディズニーテーマパークで唯一、本物の「リゾート」を提供しているところですよ。

自分自身はこのウォルト・ディズニー・ワールドの楽しみ方というのは他のパークと完全に異なっていると思っていて、このリゾート内でゆっくりコーヒーを飲むだとか、普段食べられないようなものを食べるだとかいう時間こそ至高だと思っています。ゆったりとした時間の流れ方だったり、朝のフードコートでシリアルを食べながら周りの家族を見るだったりが記憶にすっごく残る場所。

あとはやっぱりEPCOTの存在ですよね。上記のことができるのはEPCOTエリアならではで、特にフード&ワインとかフラワー&ガーデンのイベント開催中はなおさら。その辺考えると、確かにEPCOTは実験的未来都市の原型としてウォルトの考えが強かったけれど、いまではファミリー向けのパークとして、ゆったりと世界旅行できる場所として生きているわけで、これもまた、ウォルトの意志的なものとは切り離さないといけないと思います。そういう意味で今後のリノベーションがとっても楽しみ。

「D23 Destination D: Amazing Adventures」で明らかになったことインデックス

ただ、やっぱり日本からは遠いんですよねー。特に子連れには大変なんだなあ、というのは先日のなちゅ奥さまの#d_adventで痛感しました。でもはたから見てたらとっても楽しそうでしたよ!!

LINK: WDWへ炊飯器を持参してみた #d_advent | Natural

LINK: ディズニー関連ブログ Advent Calendar 2016 – Adventar

ウォルト・ディズニー・ワールドも私が最初にいった頃は「一生に一度行ければいい」というレベルのハードルの高さでした。が、いまではそれこそ学生旅行でいけるようになったっぽいので、皆さんも一度体験してみるといいです。でもそのときには東京ディズニーリゾートや香港ディズニーランド・リゾート的な回り方をするともったいない。だまされたと思って、旅程の最初の方で「ウォーターパーク」に寄ってみてください。あれ、こういう楽しさもあるんだ、という感覚を得られるはず。アトラクションでもショーでもない楽しみ方ができる唯一の場所です。

日常に疲れたら、ウォルト・ディズニー・ワールドに行こう。行きたい。帰りたい。