東京ディズニーランド版「イッツ・ア・スモールワールド」にディズニーキャラクター追加リニューアル発表 2018年春に再オープン

シェアする

世界で一番最高に幸せな船旅が、さらに幸せになります。

イッツ・ア・スモールワールドの外観イメージ (c)Disney

イッツ・ア・スモールワールドの外観イメージ (c)Disney

LINK: 東京ディズニーランドのアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」が リニューアルし2018年春にオープン 『アナと雪の女王』をはじめディズニー映画のキャラクター約40体が新たに登場

東京ディズニーリゾートは2016年11月24日、オープン当初から存在し、東京ディズニーランドの代表的なアトラクションともいえる「イッツ・ア・スモールワールド」のリニューアルを発表しました。リニューアル実施は2018年春で、それに伴い2017年3月1日よりクローズすることも発表されました。

追加されるキャラクターのイメージ (c)Disney

追加されるキャラクターのイメージ (c)Disney

今回のリニューアルは、本家ディズニーランド、および香港ディズニーランドで行われたものと同様、ディズニーキャラクターが各国のイメージに合わせて配置されるというものも含まれており、東京では「アナと雪の女王」を含む約40体が追加されるとのこと。現時点ではヨーロッパのスカンジナビアに「アナと雪の女王」からエルサ、アナ、オラフが登場。このほか、ヨーロッパでは、「ふしぎの国のアリス」「シンデレラ」「ピーター・パン」「塔の上のラプンツェル」など、アジアは「ムーラン」「アラジン」、そしてアフリカでは「ライオンキング」などの映画からキャラクターの人形が追加されるようです。

そして今回、このキャラクターだけでなく、それぞれのシーンをイメージした音楽が、イッツ・ア・スモールワールドの「小さな世界」に加わるとのこと。

イッツ・ア・スモールワールドは東京ディズニーランド大規模開発の当初案では、アート内での立ち位置がよく分からず、(おそらく)移転するということが示唆されていました。

が、2016年4月の新たな開発案でスクラップ&ビルドの対象外になり、その結果のリニューアル発表となったようですね。

美女と野獣、ベイマックスアトラクション、そしてソアリン(仮)の導入――東京ディズニーリゾートの新たな開発計画を発表(Update2)
東京ディズニーリゾートの新規開発の新しい姿が発表されました。これは驚き。

オリエンタルランド社による開発計画では「総投資額」(5年累計750億円レベル/当初は総計5000億円)に注目が集まっていたのですが、現段階で継続されている「年300億円レベル」のリニューアル/運営施設改善/更新改良投資というのがいろいろと表に出てくるようになったなーというのが印象。先日のレストラン同様、これまで手が付けられてこなかったアトラクションや施設が次々と手が入るのは楽しみですね。

個人的にはホーンテッドマンションをお願いしたいところ……。永遠に完成しないパークを地で行く発表はありがたいものですねえ。

幻の「Hatbox Ghost」がホーンテッドマンション45周年にあわせて登場か(update)
2014年8月に45周年を迎える本家ホーンテッドマンションに、新たなゴーストが追加されるようです。 LINK:Hatbox Ghost m...
「ディズニーランドは伝統を大事にすべし」という空気に対するイマジニアの回答(2015年旅行記)
ディズニーランド60周年「Diamond Celebration」で生まれ変わったアトラクションたちから感じたことを。
スポンサーリンク