東京ディズニーリゾート2016年度上半期入園者数は1432万9000人、前年同期比4万3000人減

シェアする

ショー、イベントは好評だったものの、台風や雨天の影響で「減」としています。

LINK: 東京ディズニーランド・東京ディズニーシー 2016年度 上半期入園者数(速報)

オリエンタルランドが東京ディズニーリゾートの2016年度上半期(2016年4月1日〜9月30日)の入園者数速報を公開しました。その結果は1432万9000人で、前年同期比4万3000人減(99.7%)とやや減少傾向にあります。

この期間、東京ディズニーシーの15周年「ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ」や新規のショー「アウト・オブ・シャドウランド」がスタート。そして季節イベントとして「ディズニー・イースター」「ディズニー七夕デイズ」「ディズニー夏祭り/ディズニー・サマーフェスティバル」などが開催されていました。30周年である2013年度上半期では過去最高の1535万9000人を記録し、その後は大きな減少はないものの、少しずつ入選者数を減らしているという状況です。とはいえ、2011年の休園含むころから比べると「高止まりしている」とも考えられます(値上げしているにもかかわらずです)。

≪上半期入園者数≫
2016 年度 : 1432万9000人
2015 年度 : 1437万2000人
2014 年度 : 1509万9000人
2013 年度 : 1535万9000人
2012 年度 : 1325万0000人
2011 年度 : 1073万9000人

LINK: 入園者数データ | 東京ディズニーリゾートについて | オリエンタルランドグループ

31周年の上半期は、過去2番目の入園者数で1509万9000人。これは前年同期比98.3%で26万人減です。 LINK:東京ディズニーラン...

まあ台風や雨天の影響というのはIR文学的なものもあるので、本来の理由は把握した上かとは個人的には思っています。ただ、決して昔に比べるとクオリティが落ちたわけではなく、単に「混んでいる」というだけ(もしくは「混んでいるという印象」だけ)だと思ってます。これまた個人の感想ですけれど、東京ディズニーランド側で積極的に導入したアトモスフィアショーの成果がどう判断されてるのかも気になります。「混んでても楽しい」になってればいいけれど。あとはレストランなど休憩できる場所の拡充でしょうかねえ……。2020年までは苦しいですわ。

なお、2016年10月28日(金)16時より、「2017年3月期第2四半期決算」発表があります。こちらも注目ですね。

追記:

その後ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの上半期入園者数もでました。言いたいことは全部書かれてたのでこちらを。楽でいい(笑)。

LINK: TDR4~9月の入場者数は前年同期0.3%減の1432万人に。USJは過去最高の約700万人 | Ni-gata Traders ?