エリオットがスクリーンに帰ってくる 「ピートと秘密の友達」日本公開が2016年12月23日に決定

「ジュラシック・ワールド」のブライス・ダラス・ハワードと、名優ロバート・レッドフォード、そして新人、オークス・フェグリーが出演する作品、日本公開日が正式に決定しました。

LINK: この冬一番の心温まるファンタジー・アドベンチャ―『ピートと秘密の友達』12月23日(金・祝)公開決定!|ニュース|ピートと秘密の友達|ディズニー

アメリカでは2016年8月に公開され、初週は3位を飾った「Pete’s Dragon」が、邦題「ピートと秘密の友達」として日本公開が決定しました。公開は12月23日(祝)で、「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」の1週後です。

この作品は、1977年に公開されたアニメと実写の融合させた作品「Pete’s Dragon」(邦題:ピートとドラゴン)のリメイク作で、登場する少年ピートと、ドラゴンのエリオットは「メインストリート・エレクトリカル・パレード」などでも登場していることでおなじみですね。東京ディズニーランドでも「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」に登場し、つい最近フロートがリニューアルしたばかりです。

元々はミュージカル作品として作られており、「Candle on the Water」(水辺のろうそく)が大変印象的でした(特にお勧めなのは米倉利紀版)。が、今回の実写化作品はややシリアスにふっており、ミュージカル作品ではない形での復活となっています。

ブライス・ダラス・ハワード、ロバート・レッドフォード出演「Pete's Dragon」初週末興行成績は2150万ドルで第3位

初週はスーサイド・スクワッド、そして日本公開が決定したソーセージ・パーティーにぶつかってしまい、3位という位置にとどまっていました。日本においても同じ配給会社のローグ・ワンの翌週ということで若干気になるところ。この構図はズートピア→シビル・ウォーといっしょだったので、あんまり気にしなくてもいいのかなあ。ということでファンはぜひ両方チェックを。そしてソーセージ・パーティーはアラン・メンケン作品ということでもはや広義のディズニー作品(嘘)。こちらもぜひ。