DCAタワー・オブ・テラーが「レイトチェックアウト」対応、あの“3姉妹”も初登場(update)

シェアする

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー版「タワー・オブ・テラー」の最終日が決定、そして最後にイベントが開催されることが発表されました。

LINKHalloween Time at the Disneyland Resort Starts Sept. 9 as Twilight Zone™ Tower of Terror Begins its Final Check-out Celebration | Disneyland News

マーベル作品「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のテーマに変わることで終了が発表済みの、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー「タワー・オブ・テラー」に関する新しい情報が出てきました。まず、現アトラクションの終了日が、2017年1月2日と正式に発表されました。その後テーマ変更を経て、2017年夏に「Guardians of the Galaxy-Mission:BREAKOUT!」がオープンする予定です。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」テーマになるという噂は本当でした。 LINKGuardians of the Galaxy – ...

そしてその終了の前に、タワー・オブ・テラーに合わせたミニイベントが開催されます。まずはこのハリウッド・タワー・ホテルの「レイトチェックアウト」対応が始まります。これは2016年9月9日からスタートするディズニーランド・リゾートのハロウィーンイベントに合わせたもので、夜間のホテル営業が“Late Check-Out”となり、アトラクションのライドが完ぺきな「闇」になるという演出になります。要するに、真っ暗になると。ただし最後のドアがあく演出はある、とのことです。

ちょっと面白いのが、ブエナ・ビスタ・ストリート(およびタワー・オブ・テラー周辺)のストーリーに登場する「The Silver Lake Sisters」がディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーに登場することが予告されていること。このシルバー・レイク・シスターズとは、ドリー、ドッティー、エセル(Dolly, Dottie and Ethel Bounds)の3姉妹によるグループで、1910年代にハリウッド、サンセットストリップのナイトクラブで大人気だった3人です。この三人は歌を歌うとともに、ドリーがバイオリンを、ドッティーがフルートを、エセルがピアノを演奏し、20年もの間活躍していたそうです。

Dolly, Dottie and Ethel Boundsの三姉妹

Dolly, Dottie and Ethel Boundsの三姉妹

しかし、マネージングなど実務的なことをしていたエセルのアイデアで、3人が落ち着いた仕事ができるよう、3人の特長、バイオリン=Fiddler、フルート=Fifer、そしてエセルの実務的な性格=Practicalの名前を取って、「Fiddler, Fifer & Practical Cafe」をブエナ・ビスタ・ストリートにオープンさせました。それが、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーにあるこのカフェなのです(私もつい最近知りましたが、「三匹の子ぶた」の登場キャラクターから取ったのではありません。むしろバックグラウンドストーリー的にはその逆で、彼女らの名前の方が先に存在してたことになってます)。

Fiddler, Fifer & Practical Cafe店内には3姉妹の写真がいっぱい

Fiddler, Fifer & Practical Cafe店内には3姉妹の写真がいっぱい

LINKThe Magic of Disney Parks Storytelling: Fiddler, Fifer & Practical Cafe at Disney California Adventure Park | Disney Parks Blog

LINKFiddler, Fifer & Practical Café | Dining & Restaurants | Disney California Adventure Park | Disneyland Resort

実はこのThe Silver Lake Sistersが、その当時ハリウッド・タワー・ホテルのロビーでも演奏していたというストーリーもあり、このつながりこそがブエナ・ビスタ・ストリートの魅力的な点の1つでありました。今回、そのThe Silver Lake Sistersがとうとう、私たちの前に登場し、歌と演奏を披露してくれるということになりました。彼女たちはホテルのルーフトップラウンジや、彼女らの経営するFiddler, Fifer & Practical Caféでパフォーマンスを披露してくれるとのこと。

これもハロウィーン期間中(2016年9月9日〜10月31日)のみ。しかし、これは本当に歴史的なことで、イマジニアがどれだけブエナ・ビスタ・ストリートとタワー・オブ・テラー(ハリウッド・タワー・ホテル)を愛していたかという現れに感じます。このつながりこそが、タワー・オブ・テラークローズに対する大きな、大きな抵抗がでてきたことの1つなので、今回の話はとてもうれしいと思ってます。

公式写真のテイストを見る限り、若干「ホラー側」に寄せたパレード? LINKThe All-New ‘Frightfully Fun P...

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーにおけるタワー・オブ・テラーがなくなる一件は、エリアのバックグラウンドストーリーに入り込んでいる特徴的なアトラクションに対する処遇と、そのバックグラウンドストーリーを愛するファンがたくさんいたという意味で、東京ディズニーシー、ストームライダーのクローズに近い印象を受けます。そのアトラクションとエリアのファンのために、最後に(イマジニアがあんまり予算をかけずに)できることを企画して実行するというのはとってもうれしいこと。私はその期間にアナハイムに行くことはなさそうなのですが、シルバーレイク・シスターズは絵になるだろうから写真が流れてくるのが本当に楽しみです。

追記:2016年9月10日

The Silver Lake Sistersのパフォーマンスがスタートしたようです。これはいい雰囲気だなあ。

そして特別グッズも販売開始。

ちなみにレイト・チェックアウトはこんな感じ…な訳あるかwwww