「チップとデール」「スティッチ」ルームが登場! ディズニーアンバサダーホテルに新デザインの客室が2017年2月6日に登場(update)

シェアする

来るところまで来た感ある。

LINK「チップとデール」、「スティッチ」をテーマにした新たな客室が登場!|ディズニーアンバサダーホテル

LINKディズニーアンバサダーホテルに新たな客室が登場

東京ディズニーリゾート、ディズニーアンバサダーホテルに、新たに「チップとデールルーム」「スティッチルーム」が2017年2月6日に登場すると発表がありました。予約は6か月前、2016年8月6日からスタートします。

今回登場する新たな客室は2種類です。

スポンサーリンク

チップとデールルーム

チップとデールルームは、アールデコのスタイルで描かれたチップとデールのデザインに囲まれたスタイルです。ドングリの意匠がカーペットやベッドスローに描かれているのが特徴的ですね。ソファにはチップとデールの特徴的な「鼻」をイメージした色の異なるクッションも置かれています。なお、宿泊者にはチップとデールをイメージしたオリジナルポーチがプレゼントされます。

チップとデールルーム(イメージ) (c)Disney

チップとデールルーム(イメージ) (c)Disney

スティッチルーム

こちらも色鮮やかなハワイアン・アールデコのスタイルでスティッチが登場。ウクレレをあしらったデザインが施されています。カーペットには鼻やパイナップルのモチーフの中に、スティッチの足跡のシルエットも。ヘッドボードにはサーフィンを楽しむリロとスティッチが描かれるなど、こちらもキャラクターに囲まれる客室です。なお、スティッチをイメージしたオリジナルポーチがついています。

スティッチルーム(イメージ) (c)Disney

スティッチルーム(イメージ) (c)Disney

チップとデールルーム、スティッチルームに加え、これまでのミッキーマウスルーム、ミニーマウスルーム、ドナルドダックルームと合わせて、全504客室のうち154客室がキャラクターをテーマにした客室になります。さらに、スーペリアルームも内装を変更するとともに、4人で宿泊できる客室を増やすことも発表されました。

ディズニーアンバサダーホテルがリニューアルオープン
2000年7月7日に開業し、1930年代のアメリカをテーマに運営していた「ディズニーアンバサダーホテル」がリニューアルしました。  

また、この「チップとデールルーム」「スティッチルーム」の登場を記念し、2016年10月1日から12月30日の間に、ディズニーアンバサダーホテルに宿泊されるゲストを対象とし、キャンペーンが開催されます。チップとデールルーム、スティッチルームへの宿泊や、ハイピリオン・ラウンジにて毎日抽選で10組にチップとデール、スティッチそれぞれをイメージしたオリジナルノンアルコールカクテルを1杯ずつ、計2杯プレゼントします。

チップとデールルームは全31室で価格は5万3400〜6万7700円、スティッチルームは全21室で4万6200〜7万2000円。それぞれ大人3名までが宿泊できます。宿泊予約は東京ディズニーリゾート総合予約センター、または東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイトにて宿泊の6か月前から開始します。

LINK東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト

追記:2016年8月5日

2016年8月6日より予約が開始されるにあたり、この部屋に宿泊したゲストにプレゼントされるポーチのデザインが発表されました。あー、いいですねこれ。

チップとデールルームのオリジナルポーチ(イメージ) (c)Disney

チップとデールルームのオリジナルポーチ(イメージ) (c)Disney

スティッチルームのオリジナルポーチ(イメージ) (c)Disney

スティッチルームのオリジナルポーチ(イメージ) (c)Disney