ディズニーランド・パリ新ショー「Mickey and the Magician」がスタート、そして……

あーーー、やっぱり…。

Guests will be able to enjoy “Mickey and the Magician”, a brand new show at Disneyland Paris specially created for Walt Disney Studios Park, starring the mouse who started it all. (c)Disney

Guests will be able to enjoy “Mickey and the Magician”, a brand new show at Disneyland Paris specially created for Walt Disney Studios Park, starring the mouse who started it all. (c)Disney

ディズニーランド・パリにて新ショー「Mickey and the Magician」(Mickey et le Magicien)が2016年7月2日にスタートしました。これは19世紀のパリのアトリエで、魔術師見習いのミッキーがさまざまなディズニー映画の世界へ冒険するというもの。以前より予告動画が公開されており、期待の高まるショーでした。

Mickey and the Magician – illusionist show | Disneyland Paris

今回このスタート直後に、公式のプレスリリースが出ています(ただし現時点ではフランス語のみ)。ステージの写真も大量に。ディズニーランド・パリのPRチームは異常に速く濃いリリース出すんですよね……。

LINKPremières images de « Mickey et le Magicien » ! | Disneyland Paris PressNews

このショーはディズニーランド・パリの第2パーク、ウォルト・ディズニー・スタジオ・パークで開催されています。現地のファンからはかなり評判がいい感じが伝わってきますので、アップデートが続くディズニーランド・パリ・リゾートのいい流れができるとうれしいなあ。


以下、ショー内容とは無関係の余談。

上記リリースに大量にアップされた写真を見ていただくとお分かりのように、ウォルト・ディズニー・ワールド、マジック・キングダムで2016年6月17日よりスタートした「Mickey’s Royal Friendship Faire」に続き、“ニュールック”のミッキーマウスがパリに登場したということが最大のニュースです。

Performed on the grandest stage in the kingdom, the new show

Performed on the grandest stage in the kingdom, the new show “Mickey’s Royal Friendship Faire,” presents Mickey Mouse and his troupe of Merry Makers – Minnie Mouse, Donald Duck, Daisy Duck and Goofy – who invite 10 new friends from different animated worlds to join the celebration. This “timeless fairytale” of a show combines grand dance, fireworks and stunts with memorable music, an original song and special effects. (Ryan Wendler, photographer)

スター・ウォーズ花火、新レストラン、新ソアリン——WDW新エンターテイメントのスタート日が続々と発表

いわゆる「上海顔」「上海ヘッド」「上海ミッキー」などとネット上でも話題になっている件(あまり「新顔」とかいう表現は好きじゃない……)ですが、パリで開催された新ショースタートのタイミングで、口パクヘッド(トーキング/ムービング)として上陸が行われました。

上海ディズニーランドの“ニュールック”ミッキーマウス

上海ディズニーランドの“ニュールック”ミッキーマウス

上海ディズニーランドの“ニュールック”ミニーマウス

上海ディズニーランドの“ニュールック”ミニーマウス

今回の件(&マジック・キングダムのショー)は非常に大きなヒントをくれました。まず、事前に「現行ルック」のミッキーマウスを使ったプロモーションが行われたとしても、そのルックのまま出てくるとは限らないこと。どちらのショーも現行ルックの写真/動画が公開されていましたが、実際に出てきたのはニュールックのミッキーでした。

Mickey’s Royal Friendship Faire Stage Show at Magic Kingdom Park (c)Disney

Mickey’s Royal Friendship Faire Stage Show at Magic Kingdom Park (c)Disney

また、ウォルト・ディズニー・ワールド、ディズニーランド・パリも「新ショー導入」のタイミングで登場しています。ただし、グリーティングや他のショーなどにおいては変化はありません(しかも、ウォルト・ディズニー・ワールドにおいては口パクヘッドにトラブルがあった場合、現行ルックのミッキーたちが登場することも。パリのショーコスチュームも現行ルックの写真が出ています)。移行は徐々に行われるようですが、きっかけは「新ショー」というのが興味深いです。

これらから推察するに、東京でも導入がされた場合、何らかの「新ショー」(東京の場合はイベント?)と同時に、「一切の事前告知なし」に導入がされると考えられます。

これらの動きを見るに、おそらくディズニーパークスとしては現行ルックもニュールックも、何も変わらずまったく同一の「ミッキー」であるという姿勢は一切崩さない、ということでしょう。要するに「〜からニュールックに替わります」「ニュールックになりました!」というアナウンスは一切期待できません。上海ディズニーランドオープンでも新ショースタートでも、そのような記述を公式が一切していませんし、もちろん事前告知も一切ありませんでした。当たり前ですが、インフォメーションの窓口に問い合わせたところで回答は「ミッキーはミッキーです」だけでしょう。聞くだけ無駄です。

そうなると、よく話に出てくる「フェアリーテイルウェディング」でもその姿勢が変わるとは思えません。キャストもこの辺の話題に詳しい方がいるので、キャスト個人の“想像”でコメントは出てくるとは思いますが、“公式な回答”としてコメントが出ることはないでしょう。SNSなどではごっちゃになりがちですが、この2つは区別して考えるべきです。

顔が変わったとしてもミッキーはミッキーという姿勢は、なんとなく「ミッキーはこの瞬間、世界に1人しかいません」レベルのルールなのではないかと、今回の件を見て思いました。そう考えると、そっちのルールは残したまま、こっちのルールは破れというのは辻褄が合いません。個人的には世界でミッキーの姿形は一致すべきだと思ってる派です。気持ちは分かるつもりだけど。

#どうせなら同時に口パクヘッドも導入すべきだとは思いますが、こちらは東京特有の「登場キャラが多い」ということから、ショー出演者すべてが「口パクヘッド」でないと違和感があるという理由で導入ができないのだろうなあ。そうなると登場するキャラクターが口パクヘッド対応済みの「ビッグバンドビート」が最も導入しやすいのだけれど……。

(現在、ディズニーランド・パリフランス語版リリースへのアクセス権を要求しているところで、無事承認が下りたら公式写真をアップします)