ディズニーパークス新ブランド「Kingdom Couture」2016年4月にデビュー

USパークは「大人の女性をターゲットにしたディズニー」をこう定義してきました。

LINK VIDEO – Enchanting Kingdom Couture Collection to Debut at Disney Parks in April 2016 | Disney Parks Blog

ディズニーパークスは新たに、大人の女性向けのファッションアイテムコレクション「Kingdom Couture」(キングダム・クチュール)を発表しました。これはディズニーテーマパークをモチーフにした衣服やバッグなど、大人の女性をターゲットにしたシックで豪華なラインです。

今回、ディズニーパークスブログのスティーブンさんと、この新ブランドを作ったCathy Dawsonさんが動画でその内容を紹介しています。ベージュを基調とした衣服にはシンデレラ城をはじめディズニーテーマパークのアイコンがあしらわれているのがお分かりかと思います。しかも「着物スタイル」の衣服まで。全てのシリーズには城と鍵をフィーチャーしたタグがつけられています。

Enchanting Kingdom Couture Collection | Disney Parks

このシリーズは、ウォルト・ディズニー・ワールド、ディズニーランド・リゾートの一部のお店で2016年4月中旬から(Disney SpringsのTwitterによると4月15日から)取り扱いが開始されます。さらに今後もこのブランドは拡充される予定で、今年末にもあらたなグッズ群が登場するようです。

おそらく、流れとしては既に販売がスタートしているブランド「Twenty Eight and Main」のような感じですね。

パークのサインをアートにした「Twenty Eight & Main」コレクション、2015年秋に登場(update)
Inside Scoop About Twenty Eight & Main Collection | Disney Parks

これを見て感じたのは、バックグラウンドにあるテーマが“薄い”海外パークにおいて、テーマを広げるようなブランドを作るのがうまいなあということ。私たちの身近なパークとして存在する、世界でも例を見ない“濃い”テーマを持つ東京ディズニーシーなどは、そのテーマに沿ったアイテムを作り出すことが容易で、その点東京ディズニーリゾートはうまい展開をしていると思います(逆にそのストーリーが濃すぎることも課題ですが)。実際のところ海外パークでここまで濃いテーマを持つパークはないので、海外ファンから見ると東京ディズニーシーが異質に見えるのはわりと自然です。

で、マジック・キングダムとかディズニーランドとかのテーマを、ウォルト方向で広げる「Twenty Eight and Main」以外に、女性向けにきれいに広げた、という印象があります。しかもあまりファンタジーに寄せないような普段使いができるファッションが作られたのは、個人的にはすごいことだと思います。ファンタジー寄りの大人女性ディズニーファッションになると、日本ではシークレットハニー、アメリカではHot TopicHer Universeになるんでしょうが、落ち着いたのを出してきているのはなかなかしびれますね。

東京ディズニーシーでも以前は似たような方向性(?)の、D’24みたいなのがあったので、こういう路線を再開してもいいんじゃないかと思うんですよねえ。キャンパスデーパスポート的施策とおとなディズニーの間がすっぽり抜けているような気もする……。