東京ディズニーリゾートホテル調理部の井上仁氏が「2016年氷彫刻世界大会」最優秀賞を受賞

シェアする

井上氏の受賞は今回を含めて6回目。すばらしい!

2016年氷彫刻世界大会 受賞作「夢を乗せて」 (c)Disney

2016年氷彫刻世界大会 受賞作「夢を乗せて」 (c)Disney

東京ディズニーリゾート、東京ディズニーランドホテルの調理部に所属する井上仁さんが、北海道旭川市で開催されている「2016年 氷彫刻世界大会」において個人最優秀賞(内閣総理大臣賞・秀江賞)を受賞しました。井上さんの受賞は今回を含め、これまで個人戦で4回、団体戦で2回の計6回目です。

LINK 旭川冬まつり公式ホームページ[氷彫刻世界大会]

2016年 氷彫刻世界大会は2016年2月6日から11日まで開催されているもので、今回の個人戦は6日19時より8日11時までの制限時間40時間でのもの。今回は「夢を乗せて」というタイトルの作品で個人最優秀賞を受賞しました。

ミリアルリゾートホテルズ 東京ディズニーランドホテル調理部 井上 仁氏 (c)Disney

ミリアルリゾートホテルズ 東京ディズニーランドホテル調理部 井上 仁氏 (c)Disney

井上さんのプロフィールとコメントも届いております。

氏 名:井上 仁(いのうえ ひとし)
年 齢:40 歳
所 属:株式会社ミリアルリゾートホテルズ
勤務先:東京ディズニーランドホテル調理部
コメント:
今回の作品は、静と動の融合をテーマに彫刻しました。馬車の両脇に女性をシンメトリーに配置し、繊細な馬車には蝶などさまざまな飾りをつけました。
自分自身の中で、今までにない難しいデザインにあえて挑戦しました。この経験を活かし、 今後ともゲストのみなさまに感動体験を提供できるよう努めてまいります。

もはや恒例となった、ミリアルリゾートホテルズの方の氷彫刻での受賞の報でした。これまでも冬期におけるダイニングイベントや、冬イベントの初日のレストランに大きな氷彫刻が展示されることもあり、実はきっちりと東京ディズニーリゾートにも関係すること。以前は2015年の「アナとエルサのフローズンファンタジー」において展示がされていたのを覚えています(確かイベントスタート日限定だった)。

東京ディズニーリゾートのファンにとっては、とてもうれしいお話です。こういう“人”に注目するお話は個人的にも興味深いと思います。おめでとうございます!

関連記事:

「2015年 氷彫刻世界大会」でディズニーホテルキャストが最優秀賞を受賞
旭川冬まつりで開催されているイベントにて、井上仁氏、そして湯山明祥氏の2名が団体最優秀賞を受賞しました。
東京ディズニーランドホテルの井上仁シェフが「2014年氷彫刻世界大会」にて最優秀賞受賞
すごいなこれ。 受賞作 MASUKU 仮面の妖精 表面
東京ディズニーシーキャスト 鈴木章浩さんが「ヨコハマカクテルコンペティション2015」で銅賞を受賞
普段は東京ディズニーシー、「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」に勤務するキャストの方が受賞されました。
スポンサーリンク