ブロードウェイ版「Frozen」2018年に上演決定 2017年末にはホリデースペシャル放映も(update)

ディズニーは「アナと雪の女王」ブームを一段落なんかさせません。

LINK FROZEN Announcement February 2016

とうとう正式な発表がありました。ディズニー・シアトリカル・グループは2016年2月9日、ブロードウェイ版「Frozen」の上演を2018年から行うことを発表しました。それに先立ち、トライアウト上演をアメリカ国内にて2017年夏より開始、2017年末には米ABCにてホリデースペシャルが放映されることも合わせて発表されました。

舞台版にはオリジナルの音楽を制作したクリステン・アンダーソン・ロペスとロバート・ロペスの夫妻(Avenue Q、The Book of Mormon、Up Here)が引き続き担当、監督はAlex Timbers、振り付けは Peter Darlingが担当します。

https://twitter.com/FrozenBroadway/status/697192745820147712

2017年夏に行われるトライアウトの詳細はまだ発表されていません。トライアウトとは上演しながら調整するためのプレオープンにようなもので、舞台版「アラジン」のトライアウトでの試行錯誤については、Blu-ray版の特典映像にてかなり詳細に収録されていました。当初は舞台版のオープニングが映画に準じる、砂漠のシーンとペドラーによる前口上だったものがトライアウトでの上演を経て修正されたこともあり、かなり大胆な手直しを入れる可能性があります(実際にアラジンのオープニングを見た方ならばどう変わったのかご存じのはず)。

追記:

トライアウトはデンバーにて開催されることが発表されました。

また、ブロードウェイ版では新たな曲が追加されることがジェニファー・リーさんの投稿により明らかになりました。

「大きな夢を持とう」――アナと雪の女王監督、ジェニファー・リーがすべての“プリンセス”にささげる言葉

LINK We Can’t Hold It Back Anymore: Frozen is Coming to Broadway in 2018 | Oh My Disney | Music

また、同時に発表された2017年末に放送されるホリデースペシャルについても、現時点では放映が決定という情報にとどまっています。Oh My Disneyによると、アナ、エルサ、クリストフ、スヴェン、そしてオラフが登場することは明言されており(ハンスの名前はないですが、前作短編の登場のしかたを考えるとあんまり不安はないでしょう)、おそらくですが短編~中編レベルの新作を作っているのではないかと考えられます。このスペシャルの監督はPrep & Landingシリーズを監督したKevin DetersとStevie Wermers-Skelton、そしてプロデューサーはBig Hero 6のロイ・コンリ。オリジナルキャストであるクリステン・ベル、イディナ・メンゼル、ジョシュ・ギャッドが再び各キャラクターの声を担当するとのこと。

LINK New Frozen Holiday Special To Air on ABC in 2017 | Oh, Snap! | Oh My Disney

東京ディズニーリゾートにおいては現在も2回目のスペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」を開催しており、前年とは比べものにならないくらいのしっかりしたイベントに仕上げています(前回は準備期間がほとんど無かったですからね)。既に2017年冬にも同名のイベントが予定されておりますが、本家ディズニーがこの「Frozen」(アナと雪の女王)コンテンツに対してどれだけ力を入れ続けているかというのがお分かりかと思います。

以前半分くらいネタで「レリゴー飽きたは甘え」なんてのを書きましたが、わりと本気でそうなるように手掛けてるんじゃないかなー……。さすがにLet It Goを超える作品を作れるとはあんまり思っていませんけれど、ヒット曲を作れといわれて本当に作れるロペス夫妻だけに。ロペス夫妻は新作「Gigantic」もやってるはずなので、そっちに影響がないといいですねえ。

LINK FROZEN

関連記事:

ボブ・アイガーCEO、「Frozen」の舞台化に言及
DCA「Disney’s Aladdin – A Musical Spectacular」終了決定 2016年夏には「Frozen」をベースにした演目が登場
Epcotのアナ雪新アトラクション、名称は「Frozen Ever After」に 2016年オープン