ディズニーファンの“バイブル”、Disney A to Z第5版、2016年11月15日に発売(Update)

ああ…待っていました……。

banditさんに教えていただきました。ディズニー・アーカイブスの代表だったデイブ・スミスさんによるディズニーの百科事典「Disney A to Z」の第5版がAmazonに登録されています。これによると発売は2016年9月27日。確定ではなく遅れる可能性もありますが、第5版が出てくるという情報ははじめて確認しました。(追記:早速発売が11月15日に変更になりました)

このDisney A to Zというのはその名の通りディズニーの辞典で、初版は1995年に5200点もの用語を収録した分厚い冊子として発売されました。私自身が認識したのは第2版で、海外パークに行くたびに欲しい、持って帰れない、欲しい、持って帰れないの買うたやめた音頭を踊った結果、国内の洋書屋さんで手に入れた記憶があります。内容はさすがデイブ・スミスさん。これに書かれたことが正史であると胸を張っていえる内容です。

日本においては第3版(2006年)の邦訳版がぴあにて発売(2008年)されており、確か当時は世界で唯一の翻訳版として紹介されていました。2段組が3段組になり写真点数も若干減ってはいるものの、日本語でこれが読めるということは驚くべきことだと思っています。

Disney A to Z日本版(第3版)

Disney A to Z日本版(第3版)

現在、Disney A to Zはディズニーのオフィシャルファンコミュニティ「D23」のコンテンツの1つとして、会員向けにWeb版が公開されています。私も最近まで知らなかったのですが、冊子としての「第4版」はアメリカにおいて、会員制スーパーの「Sam’s Club」限定で販売されており、今回の第5版は久しぶりの一般販売となるようです。

LINKAbout Disney A to Z – D23

先日開催されたD23 Expo Japan 2015のEチケットラウンジ特別プログラムにおいて、現在ディズニー・アーカイブの代表を務めるアダム・サンダーソンさんとのQ&Aセッションがあったときに思わず「Disney A to Zの新版は出ないんですか?」と聞いたところ、作業をしているとはコメントしていましたのでとても楽しみにしていた内容でした。買う。買いますよ。

そして日本語版。いまだにぴあがこの邦訳版を出したことはすごくありがたいと思ってまして、2008年といまでは、可視化されているディズニーファンの数はびっくりするくらい増えたと思いますが、翻訳の手間も内容の濃さも価格帯もあらゆる意味で「難しいだろうなあ……」と思ってます。でもいまはウレぴあさんもかなりつっこんだパークレポート記事を出していますし、本当にそのスジにとっては「バイブル」になり得るので、10年に一度のペースでいいから邦訳版も手掛けていただけると……。

LINKディズニー特集 -ウレぴあ総研

追記:2016年11月5日

こちら、日本のアマゾンから発売日前ながら発送通知が届きました。到着は2016年11月6日予定。まだ在庫があるようですのでお早めに。

追記:2016年11月6日

届きました!!

Disney A to Z Fifth Edition届きました!
Disney A to Z Fifth Edition届きました! Photo by mtakeshidpostjp

角が潰れてるけど気にしない。
角が潰れてるけど気にしない。 Photo by mtakeshidpostjp

濃厚。
濃厚。 Photo by mtakeshidpostjp