「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」デザインフリーきっぷ5種が発売

シェアする

むむむむむむむ?これは……。

http://www.tokyodisneyresort.jp/treasure/fantasy/drl/starwars.html

ディズニーリゾートラインでは2016年2月2日より、「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」のアップデートバージョンがスタートすることを記念し、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」デザインのフリーきっぷ5種を発売します。今回は5種も!フォースの覚醒に登場したキャラクターたちが印刷されたフリーきっぷは1枚につき650円。3月18日までの期間限定発売です。ディズニーリゾートラインの全ての駅で販売されます。5種の切符はランダムではなく、券売機ごとに分かれての販売となります。

で、問題はこの「デザイン」。1つだけ引用しますが、そこにはなにやら見慣れた「ロゴ」が印字されています。

なぜか「Season of the Force」のロゴが…?

なぜか「Season of the Force」のロゴが…?

ここには「Season of the Force」のロゴが描かれてます。このSeason of the Forceとは、ディズニーランド・リゾートにて2015年11月より開催されていた、映画のプロモーションを兼ねたスペシャルイベントです。D23 Expo 2015で発表され、当初はアナハイムのディズニーランド、およびウォルト・ディズニー・ワールドのディズニー・ハリウッドスタジオにて開催という予定でしたが、結果としてウォルト・ディズニー・ワールド側ではこのタイトルは利用されていません。

Star Wars Season of the Forceエントランス ©Disney

Star Wars Season of the Forceエントランス ©Disney

ディズニーランドにおいては、チューバッカやダース・ベイダーのグリーティングを含め、映画の世界を体験する施設「Star Wars Launchbay」、スペース・マウンテンがテーマを変更し、音楽と演出がスター・ウォーズとなった「HyperSpace Mountain」、そして映画のシーンを上映する「Star Wars: The Path of Jedi」、さらにキッズ向けのショー「Jedi Training: Trial of the Temple」などが開催されています。また、ウォルト・ディズニー・ワールドでは新たに花火ショー「Symphony in the Stars」が開催。こちらはさらにプロジェクションマッピングや炎の演出が追加されるとも噂されているところです。

今回、東京ディズニーリゾートにおいて突然この「Season of the Force」の名前が出てきたのは正直驚き。よく見ると特別デザインのディズニーeチケットでもこのロゴが掲載されております。2015年12月18日から販売していたのに気が付かなかった…。

ここにもSeason of the Forceのロゴが。気が付いていなかった…

ここにもSeason of the Forceのロゴが。気が付いていなかった…

http://www.tokyodisneyresort.jp/magic/online/ticket/

で、いったいこれが何を意味するのかというと、おそらく何も意味しないというのが答えなのではないかと思っています。本家ディズニーランドにおいてSeason of the Forceの構成要素であるスペース・マウンテンも花火も変更することはできませんし、あるとしてもファースト・オーダー・ストームトルーパーのパトロールくらい?という気がします。たしか香港ディズニーランドもこれだけは行われておりました。他のキャラクターは出すと大変なことになるだろうなあ。カイロ・レンきゅんとか。

しかし突然、このイベントロゴが出てくるのはびっくりしました。パーク部門経由でこの映画の素材を使うときのレギュレーションなのか、それとも極力ウォルト・ディズニー・ジャパンを経由しない方法を採るとこうなるのか……。うーん、気になりますね。

ファースト・オーダーのあの悪役がパークにてグリーティングをスタートします。