和服のミッキーとご挨拶、2016年のニューイヤーズ・グリーティングを体験してきた

2016年1月5日まで開催です(が、もう仕事始めですよねえ…)

http://www.tokyodisneyresort.jp/blog/160101/

ということで、2016年1月1日から5日まで開催の、東京ディズニーリゾートのお正月を体験してきました。タイミングが悪く記事化が遅れました。これは来年のニューイヤーズ・グリーティングに行くかどうかという参考になれば。

毎年恒例のニューイヤーズ・グリーティングは東京ディズニーランドはパレードとして、東京ディズニーシーはハーバーを使ったグリーティングとして開催されています。東京ディズニーランド側からまず見ていきましょう。

東京ディズニーランド側のパレードは全部で9カ所停止し、都度お正月のあいさつが入るという内容。いろんな場所であいさつがあるので、ささっと見るだけならどこからでも見られるようなものでした。グリーティングパレードですので、そこまで長く待って見るようなタイプのショーではありません。でも、他の国のディズニーパークでは見られない和服姿のキャラクターが登場するというのは、やはりココだけの特別な体験なのではないかと思います。

主要なキャラクターはみんな和服で登場。最近ではなかなか見られなくなった、リマウジンIIに乗ってドナルドたちもこんな姿を。あまりキャラクターに興味が無いという方も、この珍しいパレードを見ればお正月期間にパークに行ったかいもあるというものでしょう。

そして東京ディズニーシー。こちらはハーバー全域を使ったグリーティングプログラムなので、こちらもどこからでも楽しめる内容でした。もちろん停止する位置は決まっていますが、普通の人にとっては通過しても楽しいと思える内容でしょう。こちらは途中、ミッキーたちが手締めを行うという内容になっており、みんなで参加した感が高いのではないでしょうか。

さらに、1月12日から本格的に開催されるイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」を前に、アナとエルサのスノークリスタル・ライナー」も運行されていました。乗ることはできませんでしたが、外からだけでもかなりのもの。1月12日からはこれに加えダッフィー&フレンズ・ライナーも登場しますので、舞浜リゾートラインもウォッチしなくてはいけないですね。

混雑度合いは?

1月1日という特殊な日だったのでどうなるかは見えませんが、可も無く不可も無く、という普通の混雑度合い。いわゆる「閑散期」はなくなったなあと思います。とはいえ、(年間パスポートのない普通の人にとって)いままで見逃していたアトラクションやスポットなどを回るには、ちょうどいい混雑度合いかもしれません。ちょうど60分まち程度だったのでジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディションに乗ってみたところ、周りの方が「わ、すごい変わった。すごい変わった」と繰り返していたのがとても印象的でした。

それに、あのミッキー型ハンドソープも注目が一段落した上に、多くのトイレでディスペンサーが付いているので、やっと普通に「手洗い体験」ができそうです。

そのため、これは1~3月のプログラム「アナとエルサのフローズンファンタジー」や「スウィート・ダッフィー」を体験しつつ、そのような見落としているものを体験するというのが、お勧めなのかもしれません。

お正月期間は帰省せず、東京に残っている人しかなかなか体験できないスペシャルプログラム。見逃した方はぜひ、1~3月のプログラムでその思いを昇華してくださいませ。たのしかったよ!当日のフォトレポートも合わせてどうぞ。

あけましておめでとうございます。