明日使えない知識満載! 知られざる「舞浜SNS」のすばからしい世界 #d_advent

これは「ディズニー関連ブログアドベントカレンダー2015」12月25日参加の記事です。今回、寄稿という形で新たな投稿者に登場いただきました。dpost.jpが参加したディズニー関連ブログアドベントカレンダー2015参加記事とともにお楽しみください。

LINKディズニー関連ブログ アドベントカレンダー2015 : ATND

知られざる先人の知恵と文化——「舞浜SNSしぐさ」とは

みなさん、SNSで殺伐とした毎日を過ごしていますか?木曜の16時を過ぎるとそわそわしていませんか?そして新商品が出る度に我先にスマホで撮影しては「舞浜に行けない人たちのことも考えたほうがいいと思います」とかいわれていますか?こんにちは。舞浜SNS研究家のkyokuchoです。ご機嫌麗しゅう。今回はdpost.jpへの寄稿という形でお邪魔させていただいております。postmaster?知らない子ですね…。

世間はクリスマス。そんなクリスマスに必要なもの、それは「舞浜SNSしぐさ」です。パソコン通信時代のTwitterでは、 「舞浜のリーダーたちが築き上げた、上に立つ者の行動哲学」としてこの舞浜SNSしぐさが伝えられてきました。いまこそ、その忘れられた哲学に目を向け、殺伐としたタイムラインを明るく楽しくしてくべきなのです。

タイムラインを彩る登場人物たち

まずは舞浜タイムラインに巣くう——もとい、彩る登場人物たちを見てみましょう。見ていてください、ほら、やってきました……「アトラクションの中は撮影禁止のはずですが????」「仮装してインとか頭おかしくないですか???」そう、“舞浜警察”の方々です。舞浜警察こそ、タイムラインの華。これがなければ、舞浜学級会は始まらないのです!

● 舞浜警察

意味:
舞浜で不正は許さない、いや、“オレの気に入らないことは許さない”——それが舞浜警察。えてして主語は大きめで「みんなそう思ってます」で全てを解決する。晒し目的のRTに続き、気分を害する的なコメントを投稿することが多いが、そもそも気分を害するものをなぜRTするのか、と呟くとまた別の学級会がスタートする。

舞浜SNSしぐさではあいさつは“基本”

もう少し見てみましょう。この時間ならばきっとあのしぐさが観察ができるはず。ほら聞こえてきました——「おはようございます!」

舞浜SNSしぐさではあいさつは欠かせません。もちろん、いつ撮ったのかも誰が撮ったのかも分からない写真も一緒に——。

●「おはようございます!」

意味:
舞浜SNSでは朝、大量にごあいさつとともに写真が添付されて流れてくる。この場合、いかに自分のキャラ写真をアピールするかという目的のためだけに投稿されるため、あいさつは特に重要ではない。

海外パークやレアなレストランでの写真であればあるほど、誰と戦っているのか分からなくなりがちな舞浜SNSしぐさとしては上級である。

写真撮影にも気をつかおう

おや、どなたかがディズニーストアに入ったようですよ。今日は新商品の発売日。ここでも貴重な、舞浜SNSしぐさが見られるはずです。ほら、よく見てください——「※撮影許可いただきました 」うん。完ぺきですね。これなら舞浜警察も手が出せません。これぞ、舞浜行動哲学の真骨頂。

● ※撮影許可いただきました

意味:
“この写真に文句付けるんじゃねえよいいからさっさとRTしろ”を婉曲的に表現した注意書き。書いても書かなくても文句を言われがちなあたり、舞浜SNSと写真の相性はアレだ。

グッズ品切れ、そのときには——

そしてグッズといえば、最近気になるのは品切れがとても速いこと。でも大丈夫。舞浜SNSしぐさを身につけていれば、スッとこんな言葉が出てくるはずです——「インフォに確認しました!」。うん、これならみんな、安心して情報を信じることができちゃいます。これは魔法の言葉なんですよ!

● インフォに確認

意味:
Twitter上ではそのように書かれていても、本当に確認したかどうかは分からないから自分もインフォに確認しよう!という反復が起きるマジックワード。

自分で確認してインフォ確認済み!と書いてもやっぱりそれは信じられない人が多数出るので、結局確認したら自分の中でとどめておくのが一番いいことになり、一体何のための投稿なのか分からないっていう外野は放っておくべきだといってました。これインフォ確認済み。

用語の定義はきっちりと

朝の騒動もといできごとも一段落してきました。あ、今日はあのキャラクターの誕生日じゃないですか。

では自慢の写真とともに「ハッピーバースデー!」と投稿しよう、なんて思いませんでしたか?そうすると大変なことになります——古参過激派による「それはスクリーンデビューだ機動隊」がやってきてしまいますよ。気を付けて!

● スクリーンデビュー/誕生日

意味:
ディズニーキャラクターにおいては、誕生日をスクリーンデビューの日に設定することが多いため、誕生日といえばスクリーンデビュー日だと返され、スクリーンデビュー日だといえば誕生日と返される可能性がある。さらにいうとミッキーマウスの場合「正確にはトーキー映画初公開日ですぅー」というものや、「ドナルドは確かに6月9日がスクリーンデビュー日だけどある短編の劇中ではまた別の誕生日が…」と指摘するものも。

大人の対応としては「じゃあ全部が誕生日だね!おめでとう!」と返しながらそっとミュートを行うのが舞浜SNSしぐさの正解といわれている。

どっぷりつかって、楽しく舞浜

ふう、ちょっと休憩しましょうか。おや、休憩時間とともに、なにやらまた、タイムラインがにぎやかになってきましたよ……よーく聞いてみましょう。「……沼、……沼……沼!!」どうやら最近目立つようになった、沼派の方たちのようです。ちょっと話を聞いてみましょう。「デザイナー沼深い」「骨尊い」「手下沼ヤバイ」。語彙が単…いや、シンプルな言葉に、強い意志が感じられるようです。

● 手下沼/デザイナー沼/骨沼

意味:
東京ディズニーリゾートが2014~2015年に開催したスペシャルイベントにおいて、なぜか女子の心をつかんで離さなかったアトモスフィア/ショーが多数あり、そこで「沼」にハマるものが多数。沼内において古参、新参という区別がつけやすいため、お手軽に学級会が開催可能な題材として知られる。

どの業界も同様、「沼とはそういうスパみたいにお膳立てされたもののことは指さない」という議論をへて、現在は皆、松野姓を名乗り池袋に生息が確認されている。

とかいいながら年パス更新しちゃうツンデレ振り

お昼ご飯を食べて、昼休みごろになると、ちょっとした舞浜SNSしぐさの上級者が登場してきます。こちらも聞き耳を立ててみましょう——「だいたいOLCって何も私たちのことを分かってないよね」「何を表現したいのかさっぱり分からない」「コストカットしすぎ!ショーがスカスカ!」「キャッスルショーのなくなったランドはクソ」。そうです。舞浜厨二病メンバーです。

心配はいりません。舞浜厨二病は誰もが発症するもの。最初はなにを見ても初めてのものですので、どんなことでも楽しい「初心者期」があります。しかし、東京ディズニーリゾートを一通り知ってしまい、、パークのショーも一通り経験、イベントも2周目になると、ふつふつとこみ上げる「ちょっとオレがひと言いってやらんこともない」という思い——それが舞浜厨二病期。はいはいお前が育てたお前が育てた。

でも大丈夫。そこを通り過ぎると、全てを肯定できる約束の地、「ありがとうOLC」の世界に行けるのですから——。

● OLC

意味:
年々コストカットしてショーの規模が小さくなり、グッズを買わせる金の亡者であり、俺たちが大好きなキャッスルショーもやらず、毎年のように年間パスポートを値上げし、何でもかんでもレリゴーレリゴー、特別ショーにはパスポート込みの値段設定で全く俺たちのことを考えておらず、一見分かりやすいメッセージはあるが俺たちマニアが曲解できるような深さのあるショーを作れず、全てはホテル宿泊者とバケーションパッケージを最優先し俺たちを見捨て、海外にあるような新しいコスチュームをもってこれないひどいヤツらだ、と一部から思い込まれている企業。

株価は高くなった。

くっ、こ、この気配は……

そしてお昼を過ぎると、やることのない舞浜SNSメンバーはプロフィールをいじり始めます。おやおや、とうとう出てきましたよ。最強の≪称号≫(エンブレム)を持つ方が——見てください、燦然と輝く「クオーレ済」のその5文字を!

● クオーレ済

意味:修羅の国、舞浜SNS界隈におけるプロフィール合戦の中で、いまのところ最大級のパワーを持つ称号。かつては「FTW済」(意味:舞浜で結婚式を挙げたの意。フェアリーテイルウェディングの略)であったが、もはやその中でもヒエラルキーができており、現在では「クオーレ済」(ミラコスタ・ウェディング・ディズニー・ディ・クオーレの略)が最強と目されている。

本来であれば「城前婚」がトップに来るべきだが、なぜかその層はこのプロフィール合戦には参加していないように見える。

舞浜を舞台にした、SNS時代のリアルなゲームを楽しもう

ところで、舞浜SNSユーザーがみんなやっているゲームを知っていますか? パズドラ?ツムツム?キングダムハーツアンチェインドキー?それとも大人気の「ディズニー マジシャン・クロニクル」や超人気の「ベイマックスBot Fight」?いえいえ、そんなものではありません。

舞浜民なら絶対に参加しているゲーム、その名も「MMO RPG」。誰もがご存じの「舞浜マウンティングオンラインRPG」です。舞浜に巣くう、もとい大好きな人の、実に10人に12人が楽しんでいるゲーム。なんだー、それのことかーという声が聞こえてきそうですね。失敬失敬。

「舞浜マウンティングオンライン」は、いかにして他の舞浜民を押さえつけ、マウンティングの体制を取り続けられるかという概念的なゲーム。リアルワールドを使い、課金アイテム(物理)や場所取りゲーム(物理)、そしてリアルファイト(物理)まで含んだとてもリアリティのあるゲームです。勘のいい方ならお気づきでしょうが、上記の「舞浜SNSしぐさ」はこのMMOを楽しむために、いつの間にか生まれたマナーだったのだよ!!!(なんだってー!!!!!)

ここでの行動はとても自由度が高く、いったい何をすればいいのか分からない人もいっぱいいるでしょう。そこで、kyokuchoがMMOを、3つの方向から楽しむ「必勝法」をお教えしましょう。みんなには内緒ですよ。

MMO「出会いなれ合いにらみ合い」サイド

まずは初心者編。MMOを始めたときには皆この「出会い」からスタートするようです。ここではまず、「仲間を作る」ところが鍵になります。かつてウォルトはこう言いました。「仲間を作らなければマウントできない」——仲間こそ、あなたの宝物なのです(マウント取るための)。

そこでまず、魔法の呪文が必要となります。意外なことにMMOでは魔法は課金不要。その魔法の言葉こそが、下記の文言です。さあご一緒に!

● twitter上にいるDヲタ全員と繋がるのが密かな夢だったりするのでとりあえずこれを見たDヲタはRTもしくはフォローしていただけると全力でフォローしに行きます

意味:

長い。

現在多くの方が集うのはTwitterとされていますが、実は分かってる人たちは既に新たな戦場「Instagram」に場所を移しているという話もよく聞きます。ここではキャラクター写真という武器をシンプルに振り回すことができるため、MMO RPGとの相性はバツグンです。ここで戦うものの中には、写真投稿1つでいいねを4桁稼ぐ猛者もおり、注目が集まっています。

この出会い面での問題は、むしろ「隠れること」こそが難しいこと。SNSではつながることこそ至高、フォロワー数が正義と考えられがちですが、実際のところは「その人に合ったつながり方」というのがあります。例えばまだ学生のころであれば、身近な学生たちとだけつながっていればいいので、実はTwitterではなくLINEのクローズドな環境のほうが合っています。

さらに、ここ最近のMMOで最も難しいのは「舞浜の新鮮さを感じる」こと。Twitterにどっぷりになってしまっている結果、「初日初回のショー終了後数分でありとあらゆることを知ったつもりさせるという攻撃」が功を奏しており、「初めて見るときの新鮮な気持ち」値を下げることに成功しているグループがあります。初回の気持ちはあなただけのもの、こういった「オレ情報強者!と思わせつつ、パークをつまらなくさせる魔法」は、自身がその魔法にかかっていることに気が付きにくいという、大変高度な呪文です。

そして、オープンな場所で無駄につながりが増えててしまうと、数年前の発言と今の発言を比較されることで、MMO最大の武器「ブーメラン」が飛んでくる可能性があります。そのため、最大の必勝法は「他者が不快になったり、マイナス方向の意見をぶつけない」が重要。「ダッフィー関連をけなす」という武器は初心者にとって大変簡単、かつ使いやすいもの。しかしその結果、ジェラトーニのグリーティング募集に応募しにくくなったという事例も多数。

必勝法:「無理につながることは自らを滅ぼすことになる」

MMO「知識こそ至高」サイド

そしてこのMMO、もう1つの戦い方は「知識」です。MMOはいわゆるヲタの「優越感ゲーム」の一種なので、知識は最高の武器になり得ます。

でも安心してください。大上段に構えた言葉ですが、本当にその知識が分かっている人など極々一部。それ以外は「知識のあるフリ」でこのMMOに参加しているのです。なので、知識が分かっている人をきれいに避けていけば、木刀レベルの武器でもどうのつるぎレベルに見えるはず!

では、その知識の振りかざし方の極意をお教えしましょう。まずは重要な「言葉の使い方」。知識を振りかざしているように見せるためには「素人には分からない用語」を使いまくることが重要。そうすると、逆に知識がある人にも分からない言葉になるので一石二鳥です。ここでは「オレだけが知っている」感をアリアリと出すのがポイントです。では。明日使えない舞浜用語をまとめましょう。

●ミトミ、トレミ、サルアミ、キュイ

意味:
それぞれ「ミッキーの家とミート・ミッキー」、「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル(のミッキー)」、「“サルードス・アミーゴス!”グリーティングドック」「ドラゴンボールのフリーザ編に登場するキャラクター」を表す。基本的にグリーティングスポット+キャラクターの名前が短縮されて3~4文字に縮められるので、もしなにか分からない用語が登場し、最後に「ミ」とか「グ」とか「ドナ」とか付いたらだいたいキャラ関連のなにかだと思えばいいが、サルアミにミッキーはいないので注意だ。

● 甘熊

意味:
最近登場した用語で、甘い=スウィート、熊=ダッフィーで、冬に東京ディズニーシーで開催されているイベント「スウィート・ダッフィー」を指す。なお前出のとおりMMOでは初心者の武器として「ダッフィーを嫌う」が多用され、それだけで簡単に賛同を集められる。「甘熊うぜえ」とか言っとけば丸く収まることも多い。

●アトモス

意味:
パーク内で開催される、スケジュールなどに掲載されていないグリーティングやショーのこと。2015年秋に開催された東京ディズニーシーのイベントにおいて、アトモスフィアショーを中心とした「ヴィランズ・ハロウィーン・パーティー」(通称「手下」)がマニアだけでなく一般層にも注目されこの言葉も合わせて流れてくるようになった。

アトモスフィアショーは基本的に突然開催されるものであるため、会えたらラッキー程度のものが多かった。しかしこの手下関連アトモスフィアショーではいつ来るか分からないショーを早朝から待つという濃いゲストも多数出てきてしまい、その概念の危機が。

● 台形/三角

意味:
東京ディズニーシー、ハーバーを使ったショーにおいてオリエンタルランドが生み出した陣形を指す。これはホテルミラコスタのゲートをくぐった先のエリア(通称:ミッキー広場)における「立ち見最前列」の陣形を指しており、もしこれが三角形だと、センターに相当する場所がステージ/ハーバーからかなり遠いこと、そして三角形の頂点に1人しか陣取りできないことから、立ち見最前の陣形がその筋で重要視されるようになった。土日/平日で陣形を変えるなど、運営側も地味に方法を模索している。

● 突発整列/「いち」「に」「さん」

意味:
場所により予告なしに行われる、整列を行った上で開催されるキャラクターグリーティング。主にエントランスで開催されているグリーティングにおいて、突発的にキャストより、誰が登場するのか分からない状態で整列するよう指示が行われる。

ここにおいては訓練された高位のMMOプレイヤーが多数登場し、そのルールのギリギリを攻めてくることが有名。誰が登場するのか分からないため、1つのグループが複数に分かれ、担当のキャラクターではないことが分かった段階で後列にいる同グループメンバーと入れ替わる、グリーティングが終了したメンバーが後列に合流するなどの手法が編み出されていったという。

その中で運営側が生み出した、この手のプレイヤーを一網打尽する手法が「いち」。これは整理券の人数欄に記入された数字が改ざんされないように考えたもので、ひとりだと「1」でも「一」でもなく、ひらがなで「いち」と書かれる。そこに至るまでのチート経緯を考えると本当に頭を抱える事案。

エントランス、ミッキーとのグリーティングにおける「さん」(画像提供 @nachukichiさん)

エントランス、ミッキーとのグリーティングにおける「さん」(画像提供 @nachukichiさん)

● プレス邪魔

意味:
これも最近頻出するようになったワード。基本的にイベント期間初日はテレビ、雑誌、ネットのプレスエリアがもうけられている。その際、プレスエリアでは三脚も脚立もあり、その後ろではほとんど見ることができない。特にキャッスルショー/パレードにおいてはプレスエリアの後方にも観覧場所が設定されているため、初日のそのエリアを確保したゲストから猛烈に嫌われている、それが「プレス邪魔」の5文字となってTwitterに流れてくる。

最近では一部のブロガー/舞浜によく来る人たちも、ネットメディアの「ライター」としてプレスエリアに入ってくることが多く、「プレスタグを見せびらかしてグリの順番を無視して写真撮影して来やがった」などのコメントも散見される。一応プレスタグあってもゲストレベルでしかグリーティングは取材できないのでその場合はこっそりどのメディアのプレスなのかを聞いて、そのメディアを教えてください。超興味ある。

なお、この舞浜用語の基礎知識として、このページも参照するといいでしょう。

出ない順 試験に出ないDヲタパーク用語集

……と、このような特殊な言葉を使いがちなのも、実はMMOの「見えざる敵」による攻撃であるらしいというのは、高位プレイヤーのあいだではかなり知られている事実。このような複雑な言葉を使いたがるのは初心者である証しであることは明らかで、そこを超えると「地下室いいよね……」「いい……」と誰にでも大変分かりやすく、シンプルになっていくのです。こういった隠語を使わないプレイヤーこそ、深い知識を持っているのです。

そして、この知識面での闘いでの重要な武器——それはオンライン上にはありません。課金アイテム「書籍」が最大の武器になり得ます。重要なことはタダでは落ちていませんし、本物のプレイヤーはネットでの知識と書籍などから得られる知識は区別しています。本物になりたければこちらを参考に。

「ディズニー7つの法則」新装版2014年4月3日発売(ついでにディズニー系でおすすめの本)

必勝法:知識はタダで付くと思うな。ファッションオタクになりたければ別。

MMO「スピードだけが生きがいだ」サイド

そしてここ2,3年ほど急速に伸びてきた勢力が「スピード重視」派。これはとにかく「速さ」を追究し、誰よりも速く他人のコンテンツをTwitterに投稿することで、自分のマウンティングにつなげるというもの。これはもはやスポーツのようなもので、生息地はオリエンタルランドのプレスリリース置き場からもはや全てのWebサイトに広がり、サイト自身がメンテナンスしている「更新情報」よりも速いという、すさまじい状況にまで戦況は広がっています。本当にどうやってるんだお前ら、失敬、口が滑りました。

とはいえ、以前は多数が参加していた「プレスリリース公開後誰が一番最初にTwitterに投稿できるかゲーム」はプレイヤーが減り始め、あまりマウントが取れない状況になりました。「別に急がなくてもじっくり後で見ればいいや」と考えるプレイヤーも増え、スピードだけではマウンティングが取りにくくなったのも事実。逆に、このプレイヤー特有の「プレスリリースを切り貼りしているため誤解が生まれやすい」ことや、「スクリーンショットなどで彩らないと注目がされないため、引用の範囲を超えて画像を添付することで軋轢が生まれる」と認識されるフェーズに入っており、このスピード勝負に参戦するプレイヤーは日に日に目立たないようになっていることは注目に値しますね。

そもそもこの方法ではbotに勝てない上に、ゲームマスターである本家がかなりちゃんとTwitterを使い始めたこと、さらにはリンク投稿者を公式自らがなぎ払うべく作られたスマホアプリ「My Disney 2」が登場したことも大きいです。この戦場はすでに焼け野原と考えるといいでしょう。

そしてこの界隈に、強力なプレイヤーが登場したことも大きいです。それが「ヲタが運営する商用メディア」。このヲタ運営メディアも2種類あって、1つは「ここにヲタがいるから」という理由で投資する普通のメディア、もう1つは「本物のヲタが運営してます」というメディアがあります。前者は2014年ごろからものすごい勢いで増えていきましたが、後者のほうが怖いです。なんでも新アトラクションオープン前のプレビュー当選者の「アタシが一番最初の体験者!ここでの感想や写真を我先に投稿!マウント!マウント!」という考えを、あっさりなぎ払うひどいプレスがいたと聞きます。ひどいなあ(称賛)。

そういう意味で、ここでの本当の必勝法、それは「続けること」。歴史は簡単に勝てるものではありません。ちなみにdpost.jpの中の人は2012年11月時点でプレスとして参加し記事を書いてます。この時点ではネットメディアはほとんどいなかったって中の人が言ってた(マウンティング)。

LINK: あなたの知らないディズニー駄話:想像を超える「当たり前体験」を提供する、東京ディズニーリゾートの力 (1/7) – ITmedia ビジネスオンライン

必勝法:「続けることが大事」(ポジショントーク)

正しく使って楽しくSNS!

ということこで、このように舞浜SNS界というのはとてもシンプル! 誰もがウェルカムです(ゲス顔で)。ぜひ皆さんもカジュアルなオタクやディズニーキラキラ女子、ディズニー男子になってみてはいかがでしょうか。

私? 遠慮しておきます。ではまた10年後にお会いしましょう。おそ松!