なぜ「パーフェクト・クリスマス」は私にとってパーフェクトだったのか

ほぼ自分メモです。

ねとらぼに2015年の東京ディズニーリゾートクリスマスレポートを寄稿しました

特に東京ディズニーシー「パーフェクト・クリスマス」。ショーのフォーマットは完全に全盛期のキャッスルショー。ああ、ハーバーはキャッスルステージと同等になったのだ…。ただ、今回はリドアイルで見ていて、冒頭のドナルドの会話を目の前で見ていたから話が分かりましたが、これドナルドがいないステージだとどうみえるんだろ?とは思いました。ミッキーが声だけしか聞こえない部分はちょっと分かりづらいかなー。ストーリーの展開はキャラクターの特性(主にドナルドとの関係性)を生かした構成になっていて、すごく、すごく良かったですよ。ミッキーが主役ではないところも特に。

いまのところ、2015年における東京ディズニーリゾートベストショーは「パーフェクト・クリスマス」なんじゃないかと思っています。上記にも書きましたが、心に残るという意味では一番インパクトが大きかったです。Google Play Musicにて配信も始まって、その音楽を再度聞き始めているところ。それを聞いたときに、なんでこのショーが良かったんだろう、なんてことを考えたメモを。

ディズニーパークで行われるショーの「類型」

その前にまず、私が考えるパークのショーについて触れておきます。東京ディズニーリゾートに限らず、世界のパークにおけるディズニーのショーはある程度の「型」があると思っています。ものすごく単純化すると要するに起承転結ではあるのですが、その「承」部分に特徴があります。

  • オープニング:テーマ曲が流れる。華やかに始まる
  • 顔見せ:キャラクターごとにシーンが用意され、レビュー形式で断片シーンが重なる
  • 大転換:ストーリーの中に何らかの異変が起きる。もしくは観客を含めた行動が起きる
  • 大団円:その異変が落ち着き、華やかにフィナーレ

これが基本の型です。例えば10周年「イッツ・マジカル」がとてもいい例で、オープニングはジョイン・インのテーマ曲に乗せ、ミッキーを始めダンサーやキャラクターが一堂に集まって登場。そしてカラー・ソングにおいて、ミニー=ピンク、チップ&デール=グリーン、プルート=イエロー、グーフィー=オレンジ、ドナルド=ブルーがテーマカラーとして設定され、それぞれのキャラクターがその色の素晴らしさを披露するシーンにつながります。これが「顔見せ」。キャラクターが中心となるショーにおいてはどうしてもこういう構成にし、各キャラクターの見せ場を作る必要があります。で、その後マレフィセントが登場する「大転換」がおきて、最後はミッキーが倒して一件落着という「大団円」。よく見る流れですよね。

この型は例えばミニー・オー!ミニーも、テーブル・イズ・ウェイティングも、ファンタズミック!ですらも同様です。起承転結の変形で、キャラの数だけ承があるというもの。「クリスタルが集まったときになにかが起きる」という15周年ショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」も、すでにこの型の上に成り立つものだと考えてよいでしょう。変形として、キャラの顔見せだけを主体とし、1日の全公演を観るとこの型が見える「クール・ザ・ヒート」のようなものもありました。

ところが、この起承承承承承承転結的展開は大きな問題があります。それはストーリーを作りにくいということ。これは特にファンタズミック!で顕著なのですが、ミッキーのイマジネーションの「顔見せ」として登場する「ライオンキング」「スティッチ」「シンデレラ」「アラジン」に関連性が薄く、途切れ途切れに見えてしまい、ストーリーが散漫になりがち。この型を守る上では、承の横のつながり方のでき次第がショー自体の完成度を左右します。この部分、音楽という力業で何とかする事例は多いと思いますが、そこに失敗した(と私が感じている)のが例えば「ファッショナブル・イースター」で、引き締める何かがないと「承」部分が必要な理由がなくなってしまいます。演者に注目が集まったショーで人気はありましたが、私はその演者を知らなかったので、このショーの完成度としては評価できませんでした。各エリア=ファッションを表す音楽がもう少しわかりやすくて、その融合でもラストが表現できていれば違う印象だったろうなあ。

「パーフェクト・クリスマス」が取り入れた型は

パーフェクト・クリスマス

パーフェクト・クリスマス

ではパーフェクト・クリスマス。この承承承承承承…部分はもちろん、「ドナルド」が主役です。ドナルドへ「クリスマスってなんだろう?」と話題を振られたにもかかわらず、邪魔され続けるドナルド……と思いきや、音楽を再度聴き直したときにこの点にかなり工夫がされているんじゃないか、と思った次第。

このシーンにおいては、ドナルド、チップ&デール、グーフィー&マックス、デイジー、クラリス、ミニーと、6つの「承」を詰め込んで、かつそれぞれが雪だるまやプレゼントや、とにかくばらばらなことを言い出すという構成で、ともするとこの型の落とし穴にハマりがちなものでした。それをドナルドの性格である、「あらゆる仲間から意地悪される」(されても不自然ではない)をフルに活用したのが素晴らしいです。

しかも、このドナルドに対しても「全員がドナルドを否定する」的な展開ではなく、あくまでその役割はドナルドの主張を止めても全く問題がないキャラクターだけに絞っているのが素晴らしい。具体的にはドナルドの宿敵ともいうべきチップ&デール、そして恋人のデイジー。一番最後のミニーにも止められているはいるのですが、最後なので「ゲストにもドナルドの主張はなんだろうと思わせるきっかけとして」ミニーが使われたと考えました。そしてドナルドの主張は、王道である「クリスマスとは、サンタクロース」であること。ここで、ゲストの納得感とこのショーの「大転換」、主役はディズニーキャラクターではなく、サンタクロースである、という構成が完成します。

パーフェクト・クリスマス

パーフェクト・クリスマス

もちろん、この「顔見せ」部分をこれまでどこかで聞いたことのある、トラディショナルなクリスマスソングで固めたというのも、散漫になりがちなこのシーンをきゅっと引き締める役割になっています。マニアには過去ショーでの音楽を入れることで満足感をだし、ある程度の年齢層には懐かしの(非ディズニーの)クリスマス曲を聞かせ、全方位に向けた内容になっている——私がこのショーに感じた「パーフェクトさ」はそんなところにあったのでは、と考えています。

以前、ライムスターの宇多丸氏が新アルバムをセルフ紹介していたときに言ってたと思うんですが、「これ、簡単そうに見えて、意外と難しいことしてませんか?」って聞かれるのがうれしい的なことを言ってました。今回のパーフェクト・クリスマスはまさにそれなんじゃないかと思います。型にはまりながら、その型の中で最大限の工夫をする。しかも、さらりと。その片鱗が見えたので、心に残ったのだろうなあ。

パーフェクト・クリスマス

パーフェクト・クリスマス

型にはまらないショーもある

余談。パレードや花火ですらパークのショーは大体この型に当てはめることができると思いますが、そうではないショーもいくつかあります。例えばディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーで開催されている「アラジン」。こういうものはブロードウェイの演劇のように、あくまでストーリーを見せるもの。キャラ主体ではないため顔見せが必要のないパターン。ディズニー・クルーズラインで行われるショーはまさにそのスタイルであり、パークのショーとはクオリティが異なります(クルーズ版をアレンジした香港版「ゴールデン・ミッキーズ」はパーク型にうまく変えた事例)。そのほかでぱっと思いつくのは「レジェンド・オブ・ミシカ」でしょうか。キャラクターをだしながらも、メインはあくまでストーリーであり、キャラ色は相対的にすごく薄いと思っています。

もう一つのパターンは「勢い」。ショーの展開など気にしない。とにかくみんなでアガればいいという「サマーオアシススプラッシュ」のような力業もあります。

私はこういう型破りのショーのほうが好きで、型にはまったものは大きく光るなにかがないと「ああ、いつものだー」と思ってしまいがち。そういう意味で、その型をどれだけきれいに破り、どれだけきれいに守るかということが、私の考える「ショーの良しあし」なのだなあ、と思いました。その点、型を守りつつ、最後にすさまじい大転換を見せた「Mickey and the Magical Map」の衝撃はいまだに大きいです。そのときのことはここで書きましたのでぜひ。

2013年夏、ディズニーランド・リゾートに行った話

注:もちろん、ショーの見方や良しあしは見る人それぞれにあるべきで、この見方が正しいと主張したい記事ではありません。念のため。