MONOistに「ドリームワークスアニメーション」「ディズニー」のAutodesk University Japan 2015レポートを寄稿しました

楽しいお仕事をさせていただきました。

LINK:3DCG映画の制作現場から学ぶ:日本人サーフェイサーが語る「ヒックとドラゴン」の映像進化とその制作プロセス (1/3) – MONOist(モノイスト)
3DCG映画の制作現場から学ぶ:日本人サーフェイサーが語る「ヒックとドラゴン」の映像進化とその制作プロセス (1/3) – MONOist(モノイスト)

LINK:3DCG映画の制作現場から学ぶ:失敗するなら早めに――「アナ雪」「ベイマックス」をヒットに導いたディズニー式カイゼン (1/4) – MONOist(モノイスト)
3DCG映画の制作現場から学ぶ:失敗するなら早めに――「アナ雪」「ベイマックス」をヒットに導いたディズニー式カイゼン (1/4) – MONOist(モノイスト)

MONOistをどうぞ。そもそもMONOistはものづくりの人のためのメディアで、その中にあるメカ設計フォーラムにてモデリングツールを取り扱っているというだけにちかいところで、こういう記事を書かせていただくのはとても恐縮なのですが、縁ありましてドリームワークスアニメーションのサーフェイサー、山本原太郎氏の講演およびディズニーアニメーションのエフェクトアーティスト、イアン・クーニー氏の講演レポートを公開させていただきました。当日はスクリーン撮影不可、資料提供NGという講演だったため、少々分かりにくい内容で申し訳ありません。

ドリームワークス・アニメーション Surfacing Department/Surfacer 山本原太郎氏

ドリームワークス・アニメーション Surfacing Department/Surfacer 山本原太郎氏

まず山本氏。ドリームワークスアニメーションにおけるサーフェイシングの工夫や研究を語っていただいたものを、MONOistに関係しそうなところを中心にレポートしています。印象としてはかなりガリガリと、職人的な技が使われている(ツールにしても、コミュニケーションにしても)というもの。そもそも日本の方が活躍されているというのは知りませんでしたのでとてもびっくりしました。次回作などの話もあったのですが、ご存じの通りドリームワークスアニメーション作品が日本ではほとんど公開されなくなってしまい、その点は本当に残念そうであったことは皆さんにもお伝えしたいと思います。

米ウォルト・ディズニー・アニメーションズ Animation effects Animation Lead イアン・クーニー氏

米ウォルト・ディズニー・アニメーションズ Animation effects Animation Lead イアン・クーニー氏

そしてディズニーにおけるエフェクトの重要性。これまでの2Dセル/ペイントアニメーションでは、「ストーリーボード」「ペンシルラフ」「クリーンアップ」「ペイント」という流れで絵が作られて来ましたが、3DCG時代にはこれが全く違うということを再認識する内容。ストーリーボードの裏で「エフェクト」が進み、ペンシルラフの上には既にほぼ最終形のエフェクトが乗った上で、さらにそれがストーリーボード/キャラクターにもフィードバックされつつ、それらのプロセスを可能な限り圧縮する,というすさまじいプロセスでした。ベイマックスのNHK特番で、ストーリーがかなり後半になっても定まっていないのはこういう裏があったのかと感じました。

ということで、MONOistでたまに書かせていただいている、なぜかディズニーの記事、ぜひ、ぜひよろしくお願いします。来年もあるかどうかは皆さんにかかってます!

関連記事:

MONOistに「ディズニーの夢と魔法を実現する最新テクノロジーの世界」を寄稿しました
現実世界をプログラミング可能に——ディズニー・リサーチの講演レポートを寄稿しました