大幅な「値上げ」ウォルト・ディズニー・ワールド/ディズニーランド・リゾートの年間パスポート価格が改定

シェアする

2015年2月に続き、今年2回目のチケット改定がありました。向こうのファンがかなり動揺しています。

初報はWDW News Todayなどを。ウォルト・ディズニー・ワールド、およびディズニーランド・リゾートのチケット価格改定が行われました。実施は2015年10月4日からで、既に価格改定が実施済みです。なお、今回の改定は年間パスポートのみで、1dayパスポートは従来のままです。

LINK:Annual and Seasonal Passes | Walt Disney World Resort
Annual and Seasonal Passes | Walt Disney World Resort

ウォルト・ディズニー・ワールドではこれまでスタンダード/プレミアムと区分けされていたものが、新たにPlatinum/Platinum Plusとなりました。これらのパスポートにはMagic Bandが付属、全4パーク入園が可能で、新たにPhotoPass+のダウンロード権が付属、ブロックアウト日なしという設定。Platinum Plusはウォーターパークの入園も可能です。ディズニー・バケーションクラブおよびフロリダ在住者向けにはこの他にもブロックアウト日が設定された「Gold Passport」「Silver Passport」「Weekday Select Passport」そして「Epcot After 4 Passport」が用意されています。

LINK:Annual Passports | Disneyland Resort
Annual Passports | Disneyland Resort

また、ディズニーランド・リゾート側のチケット区分もSignature/Signature Plusに変更。Signature以上には駐車料金込み、PhotoPass+のダウンロード権があり、年末年始にブロックアウト日の設定有り/Signature Plusにはブロックアウト日設定がないプランです(旧Premuim Annual Passportに相当)。Disney Delux Passportはホリデーシーズンや混雑日を含む、さらに多くのブロックアウト日が設定されています。

ウォルト・ディズニー・ワールド

 券種   価格(改訂前)   価格(改訂後)
Disney Platinum Passport 654ドル 749ドル(+95ドル)
Disney Platinum Plus Passport 779ドル 829ドル(+50ドル)

ディズニーランド・リゾート

 券種    価格(改訂前)   価格(改訂後)
Disney Deluxe Passport 549ドル 599ドル(+50ドル)
Disney Signature Passport -ドル 849ドル(新設)
Disney Signature Plus Passport 779ドル 1049ドル(+270ドル)

これに伴い、ウォルト・ディズニー・ワールド、ディズニーランド・リゾートの双方に入園できるDisney Parks Premier Passportも、1151ドルから1439ドルに値上げします。こちらもPhotoPass+のダウンロード権つき。

WDW Magicなどによると、それぞれ期限延長(リニューアル)およびチャーターメンバー向けの価格も設定されているようです。

LINK:Disney introduces tiered Annual Pass ticket program with new benefits and pricing structure
Disney introduces tiered Annual Pass ticket program with new benefits and pricing structure

チャーターメンバーとは(おそらく)年間パスポートの販売初年度から購入し続けている人向けの価格。通常のリニューアル価格よりも20ドルほど安くなっています。

今回の改訂において、各年間パスポートには新たに「PhotoPass+ダウンロード」機能が追加されています。そのためサービスは向上しつつも、かなりの値上げとなっているのがお分かりかと思います。商習慣の違いでしょうが、このレベルの値上げが事前告知なしにサクッと実施されるのがすごい……。

2015年2月22日よりディズニーランド・リゾート、ウォルト・ディズニー・ワールドのチケットが価格改定
チケット値上げが正式に発表されました。これにより、ウォルト・ディズニー・ワールドのマジック・キングダムはとうとう100ドル(1day)の壁を...

日本からの観光でも、10日程度の期間だったり1年に2回行くことが確定していれば、年間パスポートの購入はある程度のメリットがありました。特に物販系の割引(値上げ後のSignature以上は20%、WDW側は割引率の記載がない)があるので、グッズ購入を考えている人ならばお勧めできた手法だったのですが、ディズニーランド・リゾートに関していうとかなり厳しい価格帯になったと考えられます。年末年始のディズニーランド・リゾートに行く人以外はDisney Signature Passを選ぶでしょうけど、それでも70ドルほど値上げですからねえ。

東京ディズニーリゾートの場合は1dayが世界から見ると異常に安く、年間パスポートは世界から見ると異常に高いという値段設定だったものが、一気に是正されてしまいました。特にアナハイムの2パーク年間パスポートが、ウォルト・ディズニー・ワールドの4パークよりもはるかに高いというのは、都市型テーマパークと滞在型テーマパークの違いを表している気がします(もちろん東京ディズニーリゾートは前者なので……)。さらに今回、ディズニーランド・リゾート側のチケットをあえて大幅に値上げしているのは、2016年1月10日よりファンタズミックやアメリカ河関連アトラクションを長期にわたって休止することによるキャパシティ減少が関係している可能性もあります。

スター・ウォーズの世界をパークで、新イベント「Season of the Force」2015年11月16日スタート
スター・ウォーズをテーマにしたエリアに向け、最初のイベントがスタートします。それにあわせ、各種アトラクション/ショーの休止も発表されました。...

余談ですが、上記のアトラクション休止については最高に面白い話がありますので、辞書片手にMiceChatの記事を追いかけることを強くお勧めします。

ディズニーランド、スター・ウォーズテーマのエリアのために「アメリカ河」「ディズニーランド鉄道」を大きく変える
噂タグがつけられていないところに注目です。

東京ディズニーリゾートについても今後の消費税増税&エリア拡張で確実に値上げすると思います。そのときに年間パスポートの取り扱いがどうなるのかはとても興味があります。下記の件もありますし。

LINK:「日付指定のないパークチケット(オープン券)をお買い求めいただく方へのお知らせ」|東京ディズニーリゾート
東京ディズニーリゾートでは、2016年10月より日付指定券限定入園日を導入致します。日付指定券限定入園日は、ご入園いただけるパークチケットを限定させていただきます。
スポンサーリンク