「インサイド・ヘッド」を見てきたよ!(ネタばれあり)

ピクサーの2015年作品「インサイド・ヘッド」(原題:Inside Out)を見てきた記録を残しておきます。公開後しばらくたっているのでネタばれありのインプレッションです。

自分が培ってきた想像力が、ピンチのときに後押ししてくれる

私はこの映画、とても示唆に富んでいて、作り手の思いが丹念に織り込まれていると感じました。人間の思考や行動、脳内の動きを、虚構にならない程度に脚色し、きれいな舞台設定を用意した上で「感情をキャラクター化し、表の世界と脳内世界をシンクロさせる」ということを破たんなく映像化しているのはそれだけですごいです。そもそもこの設定のワンアイデアのみでも興味深いものを、ストーリーとして成立させる技術はピクサーならでは。

個人的に素晴らしいと思ったのは、やはり本ストーリーの根幹であるキャラクター「ビンボン」の描き方。忘却の谷に落ちてしまったビンボンとヨロコビ(Joy)がはい上がるシーンは、いわば「幼き頃に培った想像力が、大人になる過程で自分を後押ししてくれる」を文字通り示しているのがすさまじい。この一連のシーンは、大人と子どもでは受け取り方は異なると思います。これこそ、ピクサー作品ならではと思いました。

そもそもこのビンボン。予告時点というか公開直前までほとんど映像としては登場しておらず、名前とおぼろげな姿だけが出ていました。あーこれヴィランズだ!と思うのも当たり前で、この作品内での登場シーケンスやその後の行動がまさにそのミスリードを誘っていました。そのため、ヨロコビを手助けしようとする行動もその反動で、ああ、彼は本当にライリーを思ってるんだなあ、と深く感じられる演出が本当に素晴らしかったです。

これはプロモーションで絶対に出してはいけない点の一つで、すごく正しい情報の出し方だったと思います。よく考えると舞台はライリーの脳内なわけで、そこにライリーを第一に思わないキャラクターなどいるわけがありませんでした。むしろヴィランズはカナシミ(Sadness)を見捨てて一人で帰ろうとしたヨロコビだよ!

優等生的に育った人にささげるストーリー

そして今回、ストーリーとしてすごく刺さったのは、ライリーが「優等生」で、優等生の悩みをきっちり描いていたこと。ストーリーのかなり早い部分で、ライリーが母親から「いつも笑顔でいてくれてありがとう」と述べられるシーンがあります。ライリーはあの言葉でも分かるように、笑顔でいることが彼女の大きな役割であり、「ヨロコビ」が「カナシミ」を押さえつけて11年間、生きてきたのだなあと。それが彼女の生き方であることが描かれていて、一見いいシーンだったのですが、個人的にはこれはキツイ、と思いました。

ライリーは頭のいい子だったのでしょう。あまり挫折をせず、挫折したとしてもその記憶をヨロコビで書き換えていったのかなあ、と思いました。その結果、このストーリーにおいては押さえつけていたものが「家出」という大きな行動につながり、それが大人になる(成長する)ということにつながりました。これを脳内の大冒険につなげることで、単なる「家出物語」ではないものに見せている点が素晴らしいです。

日本でのプロモーションに苦言を

そして、一つだけ残しておきたいことが。やはり今回、ある意味この映画を台無しにしてしまったのは「日本版のプロモーション」だと思います。ただし、それは日本で騒がれていた、冒頭に流れる「“あなたの物語”キャンペーン」ではありません。

LINK:映画『インサイド・ヘッド』公開記念 “あなたの物語”キャンペーン|インサイド・ヘッド|映画|ディズニー
映画『インサイド・ヘッド』公開記念 “あなたの物語”キャンペーン|インサイド・ヘッド|映画|ディズニー

この映像については、「短編と本編の間に流す」「本編のオープニングを改変してでも流す」「エンドロールを改変してでも流す」という、どれも最悪な案ではなく、映画が始まる前に流されたのでまったく問題なしです(説明は不足していたように思うけれど)。問題はそこではありません。

今回の日本でのプロモーションでは、キーワードとして「いつも笑っていたいのに、、、なぜ悲しみは必要なの?」という、激烈なネタばれワードが多用されていました。しかも、日本版の一発目の予告で、それを大々的に使っていました。それ、このストーリーにおいてはビンボン級に隠すべき話じゃないの!?

YouTube
ピクサー「インサイド・ヘッド」特報2が公開、声優を当てるキャンペーンも

この予告を見ただけで、私、こんなことを書きました。

今回の予告で、5つの感情は対等ではなく、「Sadness」(カナシミ)が「なんのためにいるのか分からない」と切り捨てられているのがすごく重要です。振り返ると最初の特報でも非常に印象的な扱いをされていて、Sadnessがストーリー上重要な位置にある、ということが分かりました。
(中略)
まずこのストーリー、おそらくピクサーとして、1つの映画の中に親が見る視点、そして子どもが見る視点をそれぞれ与えているのではないか、ということを感じました。予告にある「感情が行方不明になる」というところから、子どもたちが自分の感情をうまく表現できないこともある、ということを親に教えること、そして子どもたちにとっても、カナシミという感情がなぜ存在するのか、カナシミがあることで世界がどう変わるかを、相当ポジティブに解説するという、そんな哲学的で心理学的な映画なのではないかとということすらも感じさせる予告でした(つまり、いまの時点では出しすぎじゃない?という懸念も……)

結果として、この映画で言いたかった半分のことを、日本版予告はまるっと出してしまっていました。おそらく予告を見ていた人は「カナシミの存在理由ってなんだろう」っていうことだけに注目してしまい、その結果ごく当たり前な結論が引き出されていたわけです。本来この映画の狙いとしては、「脳内の感情がキャラクター化されている」というワンアイデアを見に行って、劇中内で初めて「カナシミ」の話を知るという流れであったはず。事実、海外版の予告情報では5人の感情はヨロコビをリーダーとしているものの、他の4人は対等に描かれています(よーーくみると最初のティーザーで、カナシミが最後に登場するなどの示唆はありますが)。その演出意図をぶった切り、カナシミに注目させて最初から見せてしまったのは失敗だったのではないかなあ、と思いました。

また、この映画の賛否がかなり分かれている理由として、「トイ・ストーリー」シリーズのようにエンターテイメントを追究した作品とはちょっと異なっていた、というのもあるでしょう。まさに私が「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」に感じた点と一緒で、アベンジャーズ的なエンターテイメントを期待していったらわりと本気のエモーショナルな作品だった、という意味で、「期待していたストーリーじゃなかった」というだけなのかな、と思います。

細かなネタが多かった作品、繰り返し見たい(ただし、数年後に)

ということで、ほんとうに細かなネタが多く、見応えがある映画でした。映像のシーン的にも、忘却の谷でヨロコビが「カナシミ」を知る引きのシーンなんかは、「ファインディング・ニモ」で超印象的だったマーリンとドリーの別れのシーンを思い出しました。この絵は最高!

そして、一つピクサーがすごく意地悪に思えたのは、ビンボン、ヨロコビ、カナシミが汽車に乗ったあとに「事実の箱」と「意見の箱」の中身をごちゃっと混ぜて、ストーリー上そのまま放置したこと(苦笑)。なにこの皮肉www

インサイド・ヘッドは何度も何度も見たいタイプの映画ではあります。が、あまりにも情報量が多く、しばらく間を空けないと厳しいかなー、とも思ったりします。私の中でのピクサー映画ランキングでは、Wall-Eレベルに評価の高い作品になりました。トイ・ストーリーシリーズはランキング除外で、楽しいテレビシリーズ的な立ち位置。インサイド・ヘッドは映画として素晴らしい作品だと思いました。本当によかったです。

ちなみに、ガジェット通信にもちょっとだけ寄稿をしています。ネタばれできないとこのくらいにしか書けませんでした。

LINK:【映画クロスレビュー】ピクサー待望の最新作は大満足の完成度!『インサイド・ヘッド』 | ガジェット通信
【映画クロスレビュー】ピクサー待望の最新作は大満足の完成度!『インサイド・ヘッド』 | ガジェット通信

また、映画評論家の町山さんのインサイド・ヘッド評がとてもよかったです。アメリカにおいて「カナシミ」を描くこと自体が珍しいというのがなるほどなー、と思いました。放送内で町山さんが言ってましたが、喜びと悲しみという感情は高度な生物にのみ存在するもので、その他の怒りや恐怖の感情は生きるために必須な感情であり、その3人が残ったという表現も理にかなってます(途中ビビリが「もうやめる」といって逃げようとしても逃げられない描写も、本能であることを描いてるんだなあと…)。

LINK:たまむすびで『インサイド・ヘッド』 – 映画評論家町山智浩アメリカ日記
たまむすびで『インサイド・ヘッド』 – 映画評論家町山智浩アメリカ日記
インサイド・ヘッド MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2015-11-18)
売り上げランキング: 17