「ファッション用グラス」はキャスト発のアイデア 「スティッチ・エンカウンター」グッズ発売

話題のスティッチグラスは、東京ディズニーランドのキャスト、藤掛さんの作品でした。

ファッション用グラス 2000円 (c)Disney

ファッション用グラス 2000円 (c)Disney

スティッチ・エンカウンターのオープンを7月17日にひかえ、いくつかの情報が届きました。7月8日よりスティッチ・エンカウンター関連グッズが約40種類も発売開始となりまして、その中でも「ファッション用グラス」に関する面白いお話が届いています。

このグッズ、ここ最近東京ディズニーリゾートで広がる「キャストによるアイデア」からスタートした商品とのことで、発案者は東京ディズニーランドでポップコーンやアイスクリームを販売する、フードサービスキャストの藤掛正俊さん。

アイデアを提案したキャスト (c)Disney

アイデアを提案したキャスト (c)Disney

このアトラクションのオープンに伴い、「スティッチ・エンカウンター」を盛り上げ、ゲストを笑顔にできることがないかと思案。家族や友人同士で同じアイテムを身につけて盛り上がることができ、さらに楽しんでもらおうと鼻の付いたメガネを思いついたそうです。

提案時の資料 (c)Disney

提案時の資料 (c)Disney

このファッション用グラスは、CM映像でも象徴的に使われているものでした。

https://www.youtube.com/watch?v=lwUQ0I4N7ps

キャストのアイデアからスタートするこのような取り組みは「I Have アイデア」として制度化されており、これまでも多くの商品が登場しています。

こういった「人の見える」リリースは面白いですね。ここ最近特にTwitterでは、オリエンタルランドのやることなすこと一通りけなすような方も散見されます。でも、それぞれの施策の裏は「人」が動いていることも頭に入れておかなければなりません。キャストのアイデアが実物として動き、それでみんながハッピーになるというのは本当に素晴らしいことですね。面白い取り組みでした。