謎解きプログラム「消えたスティッチを探し出せ」7月17日から期間限定でスタート

東京ディズニーランドに登場する新アトラクションに連動し、謎解きプログラムが開催されます。

消えたスティッチを探し出せ (c)Disney

消えたスティッチを探し出せ (c)Disney

2015年7月17日にオープンする新アトラクション「スティッチ・エンカウンター」の登場に合わせ、“難易度の高い”謎解きがスタートします。その情報がいくつか明らかになりました。

今回の謎解きプログラムは「消えたスティッチを探し出せ」というタイトルで、アトラクションのストーリーと連動しているもの。参加するゲストはアトラクションにも登場するP.H.O.O.G.(フーグ)の画像と、スティッチの仲間の目撃談を手掛かりに謎を解き明かし、消えたスティッチを探すというシナリオです。

このプログラムのスタートに先駆け、Webサイトでは練習問題が公開されています。

LINK:東京ディズニーランド謎解きプログラム「消えたスティッチを探し出せ!」
東京ディズニーランド謎解きプログラム「消えたスティッチを探し出せ!」

●ストーリー
ある日、スティッチ・モニターステーションから銀河連邦へ緊急の連絡が入りました。
「スティッチが行方不明!スティッチをモニターするP.H.O.O.G.(フーグ)からの連絡も途絶えている!」
そこで、銀河連邦は緊急事態を宣言。スティッチの捜索を全宇宙に発信しました。

「皆さんの手でスティッチを探し出してください。手がかりは壊れたP.H.O.O.G.(フーグ)の画像とスティッチの仲間たちの目撃談だけです。」
銀河連邦からの指令を受けたゲストは、限られた手がかりを頼りに、さまざまな謎を解き明かします。はたしてゲストは、無事に消えたスティッチを探し出すことができるでしょうか。

プログラムに参加するには、指定の店舗で謎解きキット(謎解きブックおよび筆記具)を購入します。パークの営業時間であれば、制限時間なく楽しめるようになっており、所要時間は約2時間程度とのこと。ゴール付近では記念写真を撮影できるほか、オリジナルイラストのプリントが入った写真を購入することも可能(写真撮影は閉園の2時間前まで)。

プラザのイベントブース、アドベンチャーランドの「ロイヤルストリート・ベランダ」、ファンタジーランドの「キャプテンフックス・ギャレー」「クレオズ」にて800円で販売されます。2015年8月31日までですので、夏イベントとともにどうぞ。

2015年「ディズニー夏祭り」「ディズニー・サマーフェスティバル」詳細発表(update)
スティッチにダッフィーに新ショップ、2015年夏の東京ディズニーリゾートのニュースをまとめて
「スティッチ・エンカウンター」2015年7月17日オープン決定