2015年6月8日より稼働開始「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」新客室を見てきた

ねとらぼに寄稿いたしましたので、まずはそちらをどうぞ。

LINK:冒険は、ホテルでも続く:一足先に体験!「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」客室がリニューアル – ねとらぼ
冒険は、ホテルでも続く:一足先に体験!「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」客室がリニューアル – ねとらぼ

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタがオープンて、今年は14年。そのリニューアルの第1弾がほぼ完成したということで、メディアプレビューが行われました。関連する記事はこちら。

「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」がリニューアル、2015年6月8日より新客室が登場

基本はねとらぼ記事をどうぞですが、念のためこちらにも写真だけ。

「カピターノ・ミッキー・スーペリアルーム」 (c)Disney

「カピターノ・ミッキー・スーペリアルーム」 (c)Disney

「ヴェネチア・サイド」 (c)Disney

「ヴェネチア・サイド」 (c)Disney

「ポルト・パラディーゾ・サイド」 (c)Disney

「ポルト・パラディーゾ・サイド」 (c)Disney

ポルト・パラディーゾ・サイドとヴェネチア・サイドのベッドスプレッド。ミニー! (c)Disney

ポルト・パラディーゾ・サイドとヴェネチア・サイドのベッドスプレッド。ミニー! (c)Disney

リニューアルが発表された当初より「ホテルミラコスタにキャラ要素いらんだろ」的意見もありましたが、これがうまく配置したなー、という印象。記事でも書きましたカピターノ・ミッキー以外の、パークが見える2エリアはかなりおさえられた印象ですので、ほとんど意識することはないでしょう。しかしカピターノ・ミッキー・スーペリアルームは「すげえ」の一言。以前紹介した東京ディズニーランドホテルほどではないにせよ、ディズニーのホテルであることをこれでもかと出した内装でした。

で、一番気になったのは、部屋に飾られた世界地図。イマジニアの遊び心がこれでもかと出ていました。

リニューアルした全室にある世界地図

リニューアルした全室にある世界地図

カピターノ・ミッキーによる冒険で分かった世界の姿。

カピターノ・ミッキーによる冒険で分かった世界の姿。

これがですね、小ネタの宝庫なのですよ。しばしこの前から動けなかったです。

ウォード・キンボール、イライアス・ディズニー、モーティマー。

ウォード・キンボール、イライアス・ディズニー、モーティマー。

ダックトピア

ダックトピア

ネッシー?(短編「ネッシーのなみだ」)

ネッシー?(短編「ネッシーのなみだ」)

リラクタント・ドラゴン

リラクタント・ドラゴン

アブ・アイワークス、マーセリン(とFrozen?)

アブ・アイワークス、マーセリン(とFrozen?)

東京ディズニーランドホテルのテーマ客室と比べても、トーンは大変抑えられていますので、このリニューアルを持ってしても「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタらしさ」は失われていないと思います。かつ、これまでは「パーク見えない」と一刀両断されていたトスカーナ・サイドが大きく方向を変え、ミラコスタらしさと日本のファンに望まれるキャラ要素を同時に入れ込んだという印象を持ちました。ディズニーのイマジニアすげーなー。

ちなみにトートバッグなども展示されていましたよ。

宿泊者限定、ディズニーホテル・エクスクルーシブに新トートバッグが追加

ということで、ぜひねとらぼの寄稿記事をどうぞ。

LINK:冒険は、ホテルでも続く:一足先に体験!「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」客室がリニューアル – ねとらぼ
冒険は、ホテルでも続く:一足先に体験!「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」客室がリニューアル – ねとらぼ