ピクサー2015年作品「The Good Dinosaur」ティーザー予告が公開

シェアする

実は2015年はピクサーによる公開作品が2本あります(ただし日本ではしばらくおあずけ)。

まもなく「Inside Out」の公開を控えたピクサーですが、実は2015年は11月25日にもう1つ公開作品があります。それがこの「The Good Dinosaur」(日本公開は2016年3月12日予定)。その最初の予告が公開されました。

LINK:Watch the First Teaser Trailer for Pixar’s ‘The Good Dinosaur’ (Exclusive)
Watch the First Teaser Trailer for Pixar's 'The Good Dinosaur' (Exclusive)

とはいえ、このティーザー予告はすでに「D23 Expo 2013」および「D23 Expo Japan(2013)」でも大半が上映されていました。The Good Dinosaurはピクサーにおいてはこれまでになく難産だった作品で、当初の公開予定は2014年8月。当初監督として名前の挙がっていたボブ・ピーターソン(ファインディング・ニモ脚本、カールじいさんの空飛ぶ家共同監督)も降板し、新たな体制で再スタートしたものの、2014年8月にはさらに脚本修正のため追加収録が行われるという報もありました。この作品の延期により2014年は1作品も公開できず、レイオフやスタジオ閉鎖を引き起こしています。

ピクサー‘The Good Dinosaurおよび'Finding Dory'の公開日を1年ずつ延期
そもそも5,6年先の映画公開日まで決まってること自体が無理あるんじゃないだろうか…。 LINK:'The Good Dinosaur' m...
米ピクサーがレイオフを実施 新作映画の遅れが影響か
規模は発表されていませんが、1200人のうち5%が対象となったようです。 LINK:Pixar undergoes layoffs due...
ピクサー映画「The Good Dinosaur」が脚本修正で再度収録?出演のジョン・リスゴーが語る
うむむむむむ。 LINK:John Lithgow Says The Good Dinosaur Was Dismantled and R...

そしてもう1つ、上記でさらりと触れましたが、この作品も日本の配給状況が大変ファンには厳しく、なんと3カ月強も遅れての公開となります。過去の経緯からしますと、アメリカにおけるデジタルダウンロードのほうが日本公開よりも先に行われる流れ。だからといって国内の上映を見なければさらに状況は悪化してしまうので確実に劇場には向かいますが、このサンクスギビング公開作品(過去で言うと「シュガー・ラッシュ」「アナと雪の女王」など)の処遇が本当にひどいなあ、と思います。こういう作品、試写会だけアメリカと同時とか本当にやめてほしい。楽しみなだけに。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク