タカラトミー、ディズニー/ピクサー作品の世界玩具商品化権を獲得

シェアする

地味にいろんな情報が詰まったリリースだ……。

日経プレスリリースを。タカラトミーグループはディズニー/ピクサー作品の「インサイド・ヘッド(原題:Inside Out)」および「The Good Dinosaur」(2015年11月25日全米公開/2016年3月日本公開予定)の世界玩具商品化権を獲得しました。見逃しておりましたが、このリリース自体は2015年1月13日にUSで発表されており、その邦訳版が今日発表された、というものです。これまでもタカラトミーは日本向けの玩具商品化は行ってきましたが、世界での商品化権を獲得したのは大きなニュースでしょう。

プレスリリースにはジョン・ラセター氏と、ジョルジュ・シルバーマン氏のコメントの翻訳も掲載されています。

【ジョン・ラセター氏のコメント】
(ウォルト・ディズニー・アニメーションション・スタジオ及びピクサー・アニメーション・スタジオ チーフ・クリエイティブ・オフィサー) *Disney Consumer Products のプレスリリース「Disney Consumer Products Gears Up For a Powerful Year From Pixar」より

「私たちはこれらの作品に心を込めて製作を行っています。したがって、トイ・メーカーが私 たちのキャラクターの良さを十分理解し、それを活かしていただくことが極めて重要です。私が 日本にあるタカラトミー本社を訪問した際、彼らの商品に対する品質と精巧な技術へのこだわり には大変感銘を受けました。タカラトミーが開発している「インサイド・ヘッド(原題:インサ イド・アウト)」「グッド・ダイナソー(原題)」の商品は我々のキャラクターがスクリーンから飛 び出していきたかのような素晴らしいおもちゃです。」

【ジョシュ・シルバーマン氏のコメント】
(ディズニー・コンシューマ・プロダクツ グローバルライセンシング エグゼクティブ ヴァイス プレジデント) *Disney Consumer Products のプレスリリース「Disney Consumer Products Gears Up For a Powerful Year From Pixar」より

「『カーズ』が2006年に登場し、トイのミニカーには個性とユーモアを与えました。 さらに新しいストーリーを伝えられる存在になり、プレイパターンを確立させて、小売店でカテ ゴリー全体の底上げになりました。恐竜はいつも子どもたちの心を魅了します。太古の恐竜に対 するピクサーのユニークなお話は、今後、子どもたちが恐竜のおもちゃで遊ぶとき、同じように 大きな影響をあたえるだろうと確信しています。」

そして面白いのは、タカラトミーからのリリースにいくつか見たことのない情報が掲載されていること。まだあまり情報のない「The Good Dinosaur」については、下記のようなあらすじが掲載されています。主人公の恐竜が「アーロ」であるというのは初めて知った。

「トイ・ストーリー」のおもちゃの世界、「モンスターズ・インク」のモンスターの世界に、「ファインディング・ ニモ」の海の中の世界など、アニメーションならではのイマジネーションあふれる夢の世界を描いてきたディズ ニー/ピクサー。その長編第16作目となる本作は、かつてないスケールと豊かなイマジネーションで贈る、恐 竜と人間が共存する世界を描いたファンタジー・アドベンチャーだ。

もしも隕石が地球に衝突せず、恐竜が絶滅をまぬがれていたら?-主人公は、20メートルを超える体長と優 しいハートの持ち主である、若き草食恐竜のアーロ。ある日、彼は、見たこともない生き物と遭遇する。それは、 スポットという名の“人間の子供”だった…。大きな恐竜と小さな人間―この奇跡の出会いから始まる壮大な冒険 が、世界中をいまだかつてない感動と興奮で包み込む。

さらに、今回のリリースでは、先日アメリカのディズニージュニアにて放映が開始された「Miles From Tomorrowland」についても触れており、こちらについてはタカラトミーがアメリカ、カナダでの玩具商品化権を獲得したと報じています。日本ではやらないのかな…。

あらすじはこちら。

舞台は宇宙。7才のマイルズ、姉のロレッタ、さらにトゥモローランド交通局に勤めており、銀河系をひとつに 繋げることを任務とする科学者であり、マイルズの両親であるフォーブとレオ達のカリスト一家の冒険の物語で す。各エピソードは 11 分×2 話の構成で、マイルズとその家族が見知らぬ新しい世界を探検する、冒険に満ちた ストーリーです。この物語は、子供達と、その親達までも、この冒険の旅に誘い出します。この物語は、子供達 の宇宙に対する好奇心をはぐくみ、同時に、一番大切なことは身近にある家族の絆であることを気づかせてくれ ます。

インサイド・ヘッドは、タカラトミーグループ全体で40種類以上の 商品化を進行しており、日本でも6月に販売を開始。The Good Dinosaurは2015年冬、Miles From Tomorrowlandは2015年夏から販売を開始するとのこと。