「Into the Woods」アメリカで公開、初週末興行成績は3105万ドルで2位

ホビット3作目に押され、若干の低調スタートか。

2014年12月25日、同名ミュージカル作品を映画化した「Into the Woods」が公開されました。初週末興行成績は$31,051,923で、「The Hobbit: The Battle of the Five Armies」(邦題:ホビット 決戦のゆくえ)に次ぐ第2位スタートです。

この額ですが、ほぼ同時期に公開された2012年の「レ・ミゼラブル」にはおよばない成績で、同じディズニーにおいても12月公開は珍しく、過去ではSaving Mr. BanksやTron:Legacyなどがあるものの、同じミュージカル作品としては2008年10月の「High School Musical 3: Senior Year」(初週末興行成績4203万ドル)、2007年11月の「Enchanted」(初週末興行成績3444万ドル)のどちらにもおよばず、という記録でした。

日本では2015年春休み公開まで待たなければならず、3月14日と久々に3カ月も待たされる作品です。日本はまたこのようなおとぎ話ベースの映画の受けが本国とは変わってくると思いますので、反応が楽しみな作品。

YouTube

関連記事: