2015年3月13日公開、実写版「Cinderella」予告が登場(update)

日本では2015年4月25日に公開予定。予告が全てを語ってしまっているような…?

Disney's Cinderella Official US Trailer

2015年のディズニー作品として3月に公開される、シンデレラ実写版の予告が公開されました。イギリスのテレビドラマ「ダウントン・アビー」に出演するリリー・ジェームズがシンデレラ役を担当。また、継母レディ・トレメインはケイト・ブランシェットが、フェアリー・ゴッドマザーはヘレナ・ボナム・カーターが演じます。プリンスはリチャード・マッデン。

今回の予告を見て感じたのは、これストーリーのほぼ全てを出し切っちゃってる感があること。さすがにシンデレラのストーリーを知らない人はいないと思いますが、予告でおいしいシーンをほぼ出しているので、これはもしや新たな何かを入れ込んでくるのかも…と思いました。むしろ30分でガラスの靴を履いてハッピーエンドまでを詰め込んで、主題はその後のお話とかだったら大拍手です。

2014年に公開された、眠れる森の美女を悪役の立場から描いた「マレフィセント」をご覧の方は痛感したと思いますが、クラシック作品を単に実写化しただけでは正直何も見るべきものはなく、マレフィセントはこの点において大変エポックメイキングな作品でした。これがかなり期待のハードルを上げましたので、このシンデレラがアニメ版とどれだけ驚きを持って変えてくるか、そこに期待したいと思います。

追記:2014年12月4日

シンデレラ以外の登場人物についても写真が公開されました。上記のTwitterで公開されたポスターを見ても分かるように、この写真群は写真家、アニー・リーボヴィッツ氏によるものです。アニー・リーボヴィッツというと、ディズニーではセレブリティをディズニーキャラクターとして撮影した「Disney Dream Portrait」が有名。すでにシンデレラはスカーレット・ヨハンソンが被写体になっていました。