ディズニー・ハリウッドスタジオのソーサラーハット、2015年初頭に撤去が正式に発表(update)

正式にコメントがでました。そして同時にアトラクション「The Legend of Jack Sparrow」が2014年11月6日にクローズすることも併せて発表されました。

ディズニー・ハリウッドスタジオのソーサラーハット

ディズニー・ハリウッドスタジオのソーサラーハット

噂は本当でした。多くのサイトがこのコメントを取りあげています。

LINK:CONFIRMED: The Sorcerer’s Hat at Disney’s Hollywood Studios to be Removed in Early 2015 | WDW News Today
“We will soon begin to re-imagine the park’s central hub by removing the sorcerer’s Hat in early 2015. As part of that change, the store located underneath the hat will be closing, A closing date will be shared as we get closer to it.”

LINK:Disney’s Hollywood Studios removing sorcerer’s hat – Orlando Sentinel
Disney confirmed the giant hat’s impending demise Friday. The company said it is “reimagining” the area where it stands. Disney would not provide details about what will replace the hat.

ディズニー・ハリウッドスタジオのソーサラーハット

ディズニー・ハリウッドスタジオのソーサラーハット

これをうけ、現地のファンからはこんな署名活動がスタートしています。

……が、実はこのソーサラーハット、ウォルト生誕100周年の2001年に追加された“ばかり”のもので、30年近くの歴史があるこのパークにおいては、これまでの景観を壊すものとして認識されています。そのため、ほとんど盛り上がっていないといっていいでしょう。感覚的には、東京ディズニーシー10周年のモニュメントが20周年までずーっと残り続けたときのアクアスフィアファンと一緒じゃないかと。ちなみに本来のディズニー・ハリウッドスタジオ(ディズニー・MGMスタジオ)のアイコンとなるものはミッキーイヤー型給水塔「Earful Tower」でした(スタジオバックロットツアーがクローズしたため、こちらももう見ることが難しくなりましたが…)。

そして同時にクローズが発表された「The Legend of Jack Sparrow」、こちらはオーディオアニマトロニクスを1つも使わず、同等の演出効果を3Dプロジェクションマッピングとペッパーズゴーストで表現したシアター型のアトラクションでしたが、いかんせん地味でした。ディズニーが作り出す「Dynamic Environment」のモデルケースとしてのテストだったのだろうなあ。

追記:2015年1月4日

inside the Magicほか多数の現地サイトが、2015年1月7日より撤去作業が行われると伝えています。

関連記事: