ボブ・アイガーCEO、任期を2018年6月30日まで再度延長

シェアする

ディズニー社CEO、ボブ・アイガー氏の任期が2年延長となり、2018年6月までCEO職に就くことが発表されました。

ボブ・アイガー氏が現職に就いたのは2005年9月で、その後ピクサーマーベルの買収など、多くの目立つ功績だけでなく、オズワルドを権利を買い戻すなどの目立たぬ大きな功績も残しています。

ボブ・アイガー氏は当初後継者を育てる目的で、2015年3月に退任すると発表していました。この時点では2016年6月30日までの任期でしたが、その後退任時期を満期の2016年まで延長すると発表、そこからさらに2年契約を延長しての継続となります。

おそらく、この裏には上海ディズニーリゾート計画(の遅れ)が深く関係してくるのではないかと思いますが、アイガーCEOの功績はそれとは別の位置にありそう。個人的にも深く信頼できる方なので、この報はうれしい半面、次期CEOと目されていたトム・スタッグス(パーク&リゾートチェアマン)やジェイ・ラズロ(CFO)の心中やいかに…。これまでもディズニーは後継者でもめて有能な人材が流出することも多いだけに、そこが心配です。

なお、WSJの記事では、2015年に最高執行責任者(COO)を置く、ということが伝えられています。

LINK:ディズニー、アイガーCEOとの契約を2018年まで延長 – WSJ
また、事情に詳しい関係者によると、同社は15年のある時点で、次期CEOとして経験を積む仕事が用意されるとみられる最高執行責任者(COO)を任命すると予想される。アイガーCEOは05年の就任以来、ナンバー2の役員を置かずにディズニーの経営を切り盛りしてきた。 最高財務責任者(CFO)のジェイ・ラズロー氏とテーマパーク・リゾート部門会長のトマス・スタッグス氏は長い間アイガー氏の後継者として有力視されているが、社内では2人がこのCOO職の最有力候補と考えられている。

関連記事:

追記:2014/10/09

邦訳版プレスリリースが出ました。