「Pal Mickey」のサポートが2014年9月27日に終了

シェアする

うわ懐かしい!

.WDWMagic.comによると、2003〜2008年まで発売されていたしゃべるミッキーのぬいぐるみ、「Pal Mickey」のサポートが2014年9月27日を持って終了するとのこと。

Pal Mickeyとは、ウォルト・ディズニー・ワールドで発売されていたミッキーの人形で、赤外線通信を使って、アトラクション前やレストランなど、場所によってさまざまなTipsをしゃべってくれるインタラクティブなグッズ。大きさはだいたい26センチで、見た感じは普通のぬいぐるみと変わらないものでした。

その当時はパーク内だけでなく、ホテルでも購入できました。このグッズが流行っていたころにウォルト・ディズニー・ワールドに行ってなかったので何ともいえませんが、発売されたころはそれなりに話題になり、なかなか未来的なグッズだなあ、と思った記憶があります。Wikipediaを見るとコスチューム違いや内部のバージョン違いもあるようです。当時からすると先進的だったよなあ…。

むしろ今の今までサポートをしていた、ということの方が驚き。現在ではMyMagic+がその役割をしているとはいえ、すごいことです。