instagramもフォローしてね
dpost.jp、休暇中

2018年12月15日〜26日はdpost.jpの更新はありません。その間は、Instagramもしくは1tp.dpost.jpのみ更新します。ミートアップでお会いしましょう。

ライブ投稿はInstagramで!

NFCを使った決済「Apple Pay」が米Disney Store/Walt Disney Worldで利用可能に

やはり来ましたか。

アップルがiPhone 6/6 Plus/Apple Watchを発表しました。この中にはNFCが搭載されており、新たに決済方式として「Apple Pay」が発表されました。これはクレジットカード番号をiPhone 6などのセキュリティチップに保存し、NFCを使って非接触で決済するというもの。これまで「Visa payWave」やイクスピアリでも導入されている「MasterCard PayPass」などの手段がありましたが、今回はやっと、iPhoneデバイスの多さで本格普及するのではないかと思います。

で、その最初の対応店舗の中に、ディズニーストアおよびウォルト・ディズニー・ワールド(ロゴ上はDisney Parks and Resorts)が登場しています。基調講演中にはこんなロゴと写真も。

The Happiest place on Earth.

The Happiest place on Earth.

ウォルト・ディズニー・ワールドでも!

ウォルト・ディズニー・ワールドでも!

ウォルト・ディズニー・ワールドといえば、これまでもウェアラブルデバイス「MagicBand」を導入しています。MagicBandもNFCを利用しており、以前よりApple Watch(iWatch)がなんらかの方法で関係してくるのでは、と噂されていました。

DSC03553-1.jpg

今回、アップルのプロダクトがNFC決済を用意したことで、すでに全店舗にてNFC決済デバイスを(MagicBandのために)用意したウォルト・ディズニー・ワールドにはうってつけの状況に。MagicBand決済ですとルームチャージ扱いになるわけですが、このApple Payですと都度カード決済しているのと同様になると思われるので、扱いは若干異なるはず。

また、期待する「MagicBandそのもの」としての機能、具体的にはFastPass+などでの利用については言及されていません。同じNFCを使っているものですのでFastPass+としても動かすことはできる、とは思いますが、実際のところMagicBandの最大の利点は、長距離でのセンシングにあるため、おそらくまったく同じ役割を持たせることはしないと思います。あくまで決済手段として、いつもの方法がパークやストアでも使える、というところでしょう。ディズニーはMagicBandを腕に巻かせる、ということも「体験」に含んでいると思いますし。

ということで、iPhone 6、Apple Watchは広義のディズニーアイテムなので仕方なく買います。

LINK:Apple – Press Info – Apple Announces Apple Pay
Disney Store and Walt Disney World Resort,