マーティ・スクラー「ディズニー 夢の王国を作る」河出書房新社より発売

2013年8月に発売されていた、「Dream It! Do It!: My Half-Century Creating Disney’s Magic Kingdoms」の邦訳本が発売されました。

元イマジニアのマーティ・スクラー(Marty Sklar)氏の著書、「Dream It! Do It!: My Half-Century Creating Disney’s Magic Kingdoms」が、河出書房新社より矢羽野薫氏の訳で発売されました。

内容はウォルトの死から、Epcotプロジェクトのスタート、さらには東京ディズニーランドのプロジェクトなどもカバーされています。時期的にはアイズナー着任前の、ちょうどディズニー暗黒期が入っており、この視点の資料はあまりないのでとても重要な本であると思います。

この本は発売当初、本国でもかなり話題になっていまして気になっていたものでした。発売当時はD23やパークブログでもインタビューが掲載されていました。

ということで、これから読みます!

この記事を書いた人

IT系メディアの編集者を経て、現在は独立しエンタープライズ系ITのライターとして活動する傍ら、広義の“ディズニー”を追いかけるディズニージャーナリストとして、個人でできる範囲の活動を行う

@mtakeshiをフォローする
メディアネットワーク
シェアする
@mtakeshiをフォローする
dpost.jp
タイトルとURLをコピーしました