アリス続編「Alice In Wonderland: Through The Looking Glass」制作がスタート

(前作見てないって言いづらい…)

実写版アリス・イン・ワンダーランドの続編となる「Alice In Wonderland: Through The Looking Glass」の制作がイギリスでスタートしたと、公式ブログDisney Insiderが伝えています。ティム・バートンは共同製作者にとどまり、監督は「ザ・マペッツ」や日本でも9月6日に劇場公開/オンデマンド配信が決定した「ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー」などのジェームズ・ボビンが担当します。

出演するキャストはジョニー・デップ、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム・カーター、ミア・ワシコウスカは続投。それ以外にもサシャ・バロン・コーエンやザニク・ハイトップ(マッドハッターの父親役)が参加することが発表されています。

Alice In Wonderland: Through The Looking Glassの邦題は決まっていませんが、作品名としては「鏡の国のアリス」。ストーリーをなぞるのかなあ…。

ちなみにですが、2014年11月1日より「ティム・バートンの世界」展が、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーにて開催されます。こちらもちょっと気になります。