ガールズブログ利用者に聞く、夏休み行きたい場所1位は「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」

興味をひくリリースが出ていました。

10代を対象にしたガールズブログ「Candy(キャンディ)」を運営するサイバーエージェントは2014年8月4日、利用者に聞いた「今年の夏休み」に関する調査結果を発表しました。

ここではこの夏休みに行きたい場所を、現役女子高校生、女子中学生全国295名にアンケートを採っていますが、その結果は下記の通りとなったようです。

Q: 今年の夏休みに一番行きたい場所は?
1位:「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)」(71票)
2位:「東京ディズニーシー(R)」(42票)
3位:「東京ディズニーランド(R)」(40票)
4位:「花火大会」(36票)
5位:「夏祭り」(34票)

東京ディズニーシー、東京ディズニーランドを合算するとユニバーサル・スタジオ・ジャパンを超えるということはありますが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが女子中高生の間では東京ディズニーシー/ランドを超える話題性がある、というのは注目すべき点でしょう。

ただし、要因として考えられることがいくつかあります。おそらくですが、USJ=「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」(7月15日オープン)、東京ディズニーシー=「ジェラトーニ」(6月30日発表)、東京ディズニーランド=「ワンス・アポン・ア・タイム」(5月29日スタート)と、上から順に最近のできごとが関係してきますので、「直近に話題になったものが上位になりやすい」ということはありそうです(この調査は2014年7月25日~30日に行われている)。ただ、450億投資の新エリアと20億投資の新エンターテイメントの中に、新キャラクターの創出で入り込んだジェラトーニの威力は素晴らしいと思います。

個人的には女子中高生の間でもハリー・ポッターは浸透したコンテンツであることを認識できるすごい結果だと思いました。OLCのさらなる反撃にも期待したいところ。