「Guardians of the Galaxy」初週末興行成績は約9432万ドルで1位スタート

マーベル作品強い!

アメリカでは2014年8月1日に公開された「Guardians of the Galaxy」が大ヒット。3日間の週末興行成績は約9432万ドルで堂々の1位。これは8月に公開された作品としては過去最高(これまではボーン・アルティメイタムの6930万ドル)で、現時点での2014年興行成績トップの「Captain America: The Winter Soldier」が記録した初週末興行成績9500万ドルに肉薄するもの。

マーベル作品は共通の世界観を持つ「マーベル・シネマティック・ユニバース」をベースにしており、今回初めて宇宙が舞台の作品が公開されました。その意味では本作は第1作ではなく第10作目に相当するので期待もかなり大きかったのですが、それに応えるような反応のようです。

ちなみに初週末興行成績のランキングはBox Office Mojoの下記を。今回も相当の記録ですけれど、いまだ第1位のアベンジャーズは倍稼いでいた、という……。